篠原ともえ42歳の現在が別人すぎる!(※画像あり)台湾事件で干された?

  • URLをコピーしました!

篠原ともえといえば、1990年代後半に「シノラーブーム」を巻き起こし、原色や蛍光色を多用したファッションにジャラジャラとした飾り付けの個性的なファッションスタイルで一時代を築き、日本中の若者から人気を集めた存在だ。

今で言うと「バラドル」のような立ち位置だった彼女は、個性あふれるキャラクターで突如として芸能界に現れ、一躍人気者となった元気印の少女だった。しかしそんな彼女だったが、あるときを堺にパタリと姿を消したのだった。

今回の記事では、現在42歳となった篠原ともえの現在に迫る。どうやら今の姿は昔とは別人とのことで、なんと彼女は超美人のファッションデザイナーへと姿を変えていたのだ。

シノラーブーム!篠原ともえの個性派ファッション

出典:grape

10代の頃の篠原ともえは、元気満点の少女だった。中学生の頃からデビューに向けてボイストレーニングを始め、16歳だった1995年、「電気グルーヴ」の石野卓球プロデュースのシングル「チャイム」で歌手デビューを果たした。篠原ともえ+石野卓球」名義のシングルだ。

その後「クルクル ミラクル」や「ウルトラ リラックス」などがヒットする。テレビでも、お団子頭に前髪を短く切りそろえ、顔にシールを貼り、手づくりのきらきらしたアクセサリーを装着しランドセルを背負うなど奇抜な“シノラーファッション”に加え、「~ですぅ~」「グフグフ」「クルクルッ」などと言いながらのハイテンションぶりで、強烈なインパクトを与えた。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某鉄道会社で広報を担当のち、脱サラして世界を放浪しているayaです。オランダ移住が目下の目標です。よろしくお願いします。