注目キーワード

松たか子が三度目の離婚!旦那は誰?家族が結婚に猛反対した過去

女優の松たか子と脚本家の坂元裕二が、連続ドラマ『カルテット』、スペシャルドラマ『スイッチ』に続き、3度目のタッグを組む。

そのタイトルは、『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ)。松たか子は、3回結婚して3回離婚した主人公・大豆田(おおまめだ)とわ子を演じる。

実生活では離婚などしていない松たか子だが、旦那がどんな人物かをよく知る人はそう多くないのではないだろうか?父・松本幸四郎に大反対された結婚相手とは、一体どんな男性だったのだろうか。

元夫は岡田将生や松田龍平!

『大豆田とわ子と三人の元夫』は、主人公である「とわ子」が、3人の元夫たちに振り回されながら日々奮闘するロマンティックコメディ。

「とわ子」の3人の元夫を演じるのは、個性豊かな俳優陣だ。最初の夫・田中八作を演じるのは松田龍平。八作は、東京・奥渋谷にあるレストランのオーナー兼ギャルソン。

2番目の夫・ファッションカメラマンの佐藤鹿太郎(かたろう)を演じるのはお笑いトリオ・東京03の角田晃広。業界では有名で腕もいいが、とにかく器が小さいというのが悲しい特徴。

3番目の夫・とわ子が社長を務める会社の顧問弁護士の中村慎森(しんしん)を演じるのが岡田将生。甘いマスクに似合わない、理屈っぽいひねくれ者だ。元夫たちはこのように、非常に豪華な顔ぶれとなっている。

出典:カンテレ公式サイト

ほかにも市川実日子、高橋メアリージュンなどが出演する。番宣などで彼らの姿を見ることが今後多くなってくることだろう。

松たか子のコメントがこちら

脚本家の坂元裕二と再びタッグを組むことには、松たか子もなみなみならぬ思い入れがあるようで、

「坂元さんは、会話劇がおもしろいのはもちろん、観ている人たちに深読みさせる物語が描ける人。私たち俳優は、ただ必死にしゃべったり、演じるだけですけど、それが放送されると思いがけない反響が返ってきて、びっくりさせられるんです。今回の脚本も本当におもしろくて、最初に読んだときは、想像してニヤニヤしてしまいました」

とコメント。豪華な俳優陣に負けず劣らず、ストーリー展開にも期待ができそうだ。松たか子が演じる主人公の「とわ子」は、バツ3で、中学3年生の娘・唄(豊嶋 花)をもつ建設会社社長という設定。

すごく変な人というわけではないけれど、洋服が好きなのにジャージ姿のまま平気で出歩いたり、バリバリのキャリアウーマンなのに、工事中の穴に落ちてハマってしまったり、1人でも生きられるけど、だれかに大事にされたいと願ったり…。

とわ子は真剣に生きているだけなのだが、お茶目で、どこかとぼけていて、いろんなところがちょっとずつおもしろい、そんないとおしい女性だという。

「3回結婚して3回離婚しても元夫たちと関わり合いがあるというのは、彼女が“許せる人”だからなのかなと。『人生、失敗しても、間違ってもいいんだ』ということを、彼ら(元夫たち)から教わったのかもしれません。許したり受け入れたり、ときに共犯者になれる。そんなとわ子は、勇気ある人だと思うので、ドラマを観た方も元気になってもらえれば」

とわ子が3人の元夫たちに振り回されながら、1人娘や周囲の人物と繰り広げるやりとりに、きっと我々視聴者も元気と勇気がもらえることだろう。

松たか子の旦那はどんな人?

実生活での松たか子の旦那は、佐橋佳幸。ギタリストや音楽プロデューサーとして活動している人物で、日本のトップミュージシャンからも信頼されており、福山雅治、桑田佳祐、氷室京介といったスターからも熱い支持を得ているという。

出会いのきっかけは、松たか子が2001年10月24日に発売した13枚目のシングル『花のように』で、佐橋佳幸さんが編曲を務めたことだった。

そのまま交際が始まり、2004年には交際の事実が明らかに。そして2007年に結婚と、とんとん拍子に進んでいったのだった。

結婚してからというもの、夫婦共演ということはなかったが、インタビューなどで互いを褒め合っていることもあり、夫婦仲が順調であることがうかがえる。また、仕事の面でも佐橋氏は松たか子の音楽関係の仕事ぶりを評価し、「譜面に強く、すぐ対応して歌える」と認めているという。

父・松本幸四郎が結婚に反対?理由は離婚歴!

そんな日本でも屈指のトップ音楽プロデューサーと松たか子の結婚に家族が反対したというのは、父・松本幸四郎の思いによるものが大きかったようだ。その背景には、夫・佐橋氏がバツイチであるため心象がよくなかったことが挙げられる。

佐橋氏の元嫁は一般人で、不倫や浮気などといった不穏な形で離婚へと至ったわけでもないため、猛反対していた松本幸四郎も最終的には折れる形で渋々OKを出したようだ。

しかし、渋々OKされたからなのか、父娘仲がそのときうまくいっていなかったことが原因なのかは定かではないが、2人は結婚式を挙げることはできなかった。

結婚当時にあった父娘の確執も、松たか子が第一子、松本幸四郎にとっての孫を出産したことをきっかけに解消されたようだ。

それからというもの、父親子のツーショットなども見られるようになった。まさに「子はかすがい」といったところか。