注目キーワード

米倉涼子の透けバスト画像にコメント殺到!ドクターXも無事完走

女優の米倉涼子が今月24日に自身のインスタグラムに投稿した、クリスマス感あふれるオフショットに注目が集まっている。

豪華なクリスマスツリーと共演した米倉涼子。その美貌に注目が集まるのはいつものことだが、今回は、そのドレスのざっくりと開いた胸元が話題に。投稿を見た人やファンからは、「最高のクリスマスプレゼント」などコメントが殺到している。

胸元ざっくりドレス姿に反響が殺到

女優の米倉涼子が今月24日、クリスマスイブの日に自身のインスタグラムを更新。豪華に輝くクリスマスツリーとの共演(競演)が話題を呼んでいる。

米倉は「メリークリスマス! 素敵なイヴ、Xmas、お過ごし下さいねー I wish you a joyful Christmas from the bottom of my heart(訳:素敵なクリスマスを心の底からお祈りします)」というコメントとともに1枚の写真をアップした。

画質のためにブランドなどまでは判然としないが、胸元部分が肌色の切り替え生地になっているのでない限りは、大胆なざっくりとしたVネックとなっている黒のシースルードレスをあざやかに着こなし、黒を基調としたコーディネイトで揃え、輝くクリスマスツリーの前で微笑む艷やかなオフショットとなっている。

見事な飾り付けとともに輝きを放つクリスマスツリーと並び、オフと思われる自然な笑顔を見せる米倉の姿に、投稿を見たファンは大興奮。

「クリスマスイブによねさんの美しいお姿を見られるなんて幸せです」「もう、本当にお綺麗です」「ツリーより輝いてみえます!」「うわあ~もう最高なプレゼントすぎます」「こんなに美しいXmasを見た事がない」など、絶賛コメントが相次いでいる。

ドクターXで人気さらにアップか

米倉涼子といえば、長きにわたって所属してきたオスカープロモーションを退所したことなどでも近年話題となったが、なんといっても、自身の代名詞になりつつある連続ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)なしに彼女を語ることはできないだろう。

オスカー退所の報道時に、これで米倉の「ドクターX」も終了なのでは?もう続編は見られないのでは?という憶測のネットニュースなどもかなり多く飛び交ったものだが、そんな心配をよそに、第7弾となるシリーズが今年放送され、先日無事に最終回も迎えた。

今月16日に放送された最終回を終え、全10話の平均視聴率は世帯16・5%、個人全体9・7%となり、今年放送された全民放連続ドラマの中で1位となり、相変わらずの人気の高さを見せつけた。

最終回の放送後、米倉はドラマの放送局であるテレビ朝日を通じてコメントを発表した。その中では、感謝の気持ちを以のように伝えている。

「2年ぶりに意を決して挑んだ今回の『ドクターX』で、戻ってこられたホームの温かさ、仲間の大切さ、現場の楽しさを改めて実感しました。撮影途中は自分自身もどうなってしまうんだろう、という位の困難にぶち当たることもありましたが、その度にキャスト・スタッフのみんなが私を救ってくれました。その壁を乗り越えて、こうして素晴らしい結果を頂いて本当に皆さんに感謝しています。最後まで見てくれてありがとう、楽しんでくれてありがとう!私たちも楽しめました!」

自身のインスタグラムでも、「皆さん 最終回までご覧いただき本当にありがとうございました」と涙マークとつけてドラマを視聴したファンに感謝の言葉をつづった。そして、「急に寒くなってきたので風邪にもウイルスにも引き続き気をつけて下さいね!改めてありがとう 大門未知子ことヨネより」と、大門未知子らしく視聴者にウイルスへの“注意喚起”で締めた。

最終回直後ということもありファンからは、「感動しました!」「お疲れさまでした」「続編してほしいです」「号泣」「大門未知子に出会えて最高の10年でした!8期を楽しみに過ごします!」「来週から未知子ロスです」など、ドラマの感想をはじめとするあらゆるコメントが届いた。

もともと、「クール」「かっこいい」「スタイルがいい」といった様々な側面から、同性人気の強い米倉。「ドクターX」の視聴率の高さからもわかるように、今回もドラマが注目されていたことは明確だ。

もともと高かった人気に、「ドクターX」の第7弾がこのたび放送されたことで、さらに人気が上がったのではないだろうか。クリスマスに関連した投稿への反応の強さも、それに関連しているように思われてならない。

Netflixオリジナル映画にも注目

ここ数年はというと、話題性の高い若手俳優・女優を起用した作品が増え続ける中で、圧倒的な存在感を放ち続ける米倉涼子。

来年(2022年)1月13日に世界同時配信されることが発表されている、米倉が主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ『新聞記者』(全6話)にも注目が集まっている。綾野剛、横浜流星らと共演する。

官邸記者会見で、忖度なしの質問を連発する東都新聞記者・松田杏奈(米倉涼子)、エリート若手官僚として職務に邁進する村上真一(綾野剛)、そして、政治には興味も知識もない就活中の大学生・木下亮(横浜流星)。

メディア、官僚、市井の人々…異なる世界に生きる3人が、世間を震撼させたあるスクープをきっかけに、運命が交わり始めるーというストーリーだ。

「ドクターX」の撮影と被っていたとしたら、相当ハードなスケジュールであっただろうが、それでも毎回、名作に仕立て上げるのが米倉涼子だ。来月半ばに配信開始ということで、こちらからも目が離せない。