注目キーワード

ユンソナの現在!ガンで闘病中や離婚の噂?息子が暴力事件で非難殺到・活動自粛

つたない日本語と整った顔立ち、明るい性格で一時期日本でも人気だった韓国出身タレントのユンソナだが、現在日本のメディアで彼女を見ることはない。本記事では、そんな彼女の気になる現在に迫る。

数年前に彼女の息子が学校で荷担したとされている暴力事件以降は、世間からの非難を浴び、活動存続が困難になった彼女。現在ではカナダに移住しているという噂もある。

また、夫との離婚の噂や、ユンソナ本人がガンで闘病中だという噂もかなり前からネットではささやかれているが、これらは真実なのだろうか?

ユンソナの略歴

出典:ホリプロ公式サイト

1975年生まれの彼女は現在45歳。1994年に韓国で芸能界デビューしたユンソナは、日本での活動時はタレントのイメージが強いが、韓国で活動する際には主に女優として活動しているようだ。

2001年にNHKドラマ『もう一度キス』のヒロイン役で日本デビューを果たして以来、ドラマのみならずバラエティー番組にも数多く出演し、活動の拠点を日本へと移した。その整った顔立ちと明るく天真爛漫な姿で多くの日本人を虜にし、当時はユンソナをブラウン管で見ない日はないほどだった。

また、歌手としても「sona」名義で活動。透き通った歌声と安定感のある歌唱力で、歌手としてもかなりの高い評価を受けたことはよく知られている。

日本での活動は終了!仕事より家族

そんな彼女が結婚したのは2006年のこと。お相手は韓国人男性で、映画関連の制作会社や飲食店などを経営する実業家だという。結婚の発表会見時には、発言が「反日」と取られて世間からの心象が悪くなってしまったこともあった。

「日本で6年間ほど暮らしていたので、韓国人男性に会うのは非常に難しかった」「しかし必ず韓国の方と結婚して韓国で暮らしたかった」とコメントしたことに対し、もともとあった反日疑惑がさらに高まったようだ。

2008年に第一子を出産して以降も、韓国での活動に並行して日本での活動も続けていたのだが、2012年に第二子妊娠発覚時に「日本での活動に区切りをつけた」ということを後に語ったユンソナ。それまでレギュラー出演していた毎日放送(MBSテレビ)制作のテレビ番組「住人十色」も降板。その背景には彼女の「家族を大切にしたい」という思いがあったようだ。

はっきりとした意思表明は日本芸能界においては行われなかったのだが、2016年に韓国でテレビ出演した際のユンソナの発言で、実は日本での活動には幕が下ろされていたのがわかった、という形だ。

その番組内ではMCがユンソナに対し、「最近は韓国の番組であなたを多く見かけることができるようになって嬉しい」と語りかけ、「日本での活動はもうされていないのですか」と問いかけると、

「5年前に日本での活動は全部整理しました」

と答え、出演者やスタッフを驚かせたのだという。同番組内で彼女は語ったところによると、第一子の生後~3歳頃まで、日本に芸能活動の拠点を置いていたがために、家族での時間を取れなかったことを悔いていたのだとか。そのため、第二子の妊娠が発覚した際には、日本での活動に区切りをつけることを決意したようだ。

「私が好きで始めた仕事でしたが、しばしば日本に行かなきゃいけなかったので、第1子を実家の母や夫に預けなければならなかったんです。そのためその子が3歳になるまで、私との思い出がまったくありません。考えてみたら家族にとても申し訳ないことでした。それで第2子を妊娠したとき、すぐに日本での活動をやめることにしました」

とし、子供や家族への愛情を表現したユンソナだった。日本芸能界で干された、あるいは日本での芸能活動がうまくいかなくなったために帰国を強いられた、というわけでは全くなく、彼女の意思で帰国を決めたようだ。

息子の暴力事件で活動困難に

そうした経緯で母国・韓国に拠点を戻したユンソナだったが、あることをきっかけに活動に難が出るようになる。彼女の息子が有名私立小学校在籍時に、集団暴行事件の加害者の1人であることが報じられたのだ。

ユンソナの息子を含む4人の児童が、あるクラスメイトの児童の足を踏んだり、バットで殴ったり、ふとんに閉じ込めたり、液体石けんを飲ませたりしたのだという。これは韓国国内で大きく報じられるところとなった。

学校側は、「意図的な暴行はない。被害者はいるが、意図的に暴行した加害者はいない」と発表したが、被害に遭ったクラスメイトはストレスで苦痛を感じていると報道された。

これを受けてユンソナは事務所を通して謝罪。「最近報道された小学生暴力の記事に関連してご心配をかけて申し訳ない」としながらも、子どもたちの間には暴力的な意図はなかったことを強調し、「報道内容は事実と相当部分が異なり、悪意的に編集されて放送された点は遺憾」と伝えた。

韓国でバッシングを受けた結果活動がしづらくなり、カナダに移住した、などの話も報道されるようになったが、実際には移住はしていないようだ。「子供のためにしばらくの期間カナダに行きたい」という発言が、「移住」と受け取られたようだ。

第二子妊娠時に「日本での活動には区切りをつけた」としながらも、母国・韓国での活動が難しくなってしまったために、その後は日本のテレビショッピングで化粧品を販売するなどしているようだ。

事件をきっかけにSNSなども閉鎖してしまったようで、直近の様子を確認することは難しい。公式ブログも2015年の投稿が最後となっている。

ガンで闘病中や夫と離婚はデマ!

結論からいうと、ユンソナがガンで闘病中という噂や、旦那と離婚したあるいは離婚間近という噂はガセネタのようだ。

まず前者は、ユンソナが以前乳がん検診を受けたところ、腫瘍のようなものが発見され、摘出したという件から来ている。どうやらこれは良性腫瘍だったようで、悪性のがんなどでは一切なかったという。また、ドラマで肝臓がん患者役を演じたことも合わさり、「ユンソナはガン闘病中」という噂になってしまったようだ。

旦那との離婚に関しては、2015年に離婚してその後再婚した、などの噂が韓国の国内で流れるようになったというが、どうやらこれは根も葉もない噂のようだ。現在も実業家の夫と子供たちとともに仲良く暮らしている様子だとされている。

事件をきっかけに仕事には難が出てしまったが、報じられている限りでは、ユンソナのプライベートは心身ともに順調のようだ。