注目キーワード

歌手YUIがトヨタCMソング!離婚後現在は4児の母でソロ活動再開

シンガーソングライターのyui(旧称:YUI)が、7月19日より放送されているTOYOTA「アクア」の新CMにて、SUPERCARの「Strobolights」をカバーしている。

ソロのシンガーとしてトップに上り詰めたかと思えば、その後バンド活動を開始させ、名前もYUI表記からyuiへと改めた彼女。また、パニック障害なども発症し、いったんは表舞台から消えてしまったことでも知られている。

そんな彼女は一度の離婚を経験して、現在では4児の母となっていることも明らかになっている。この記事では、2020年に再びソロ活動を開始したさせた彼女の現在を追う。

TOYOTA「アクア」のCMソングに

歌手のyuiが、TOYOTA「アクア」の新CMにて、SUPERCARの「Strobolights」をカバーしている。このcmは、「いい。」というシンプルなキャッチコピーとともに、「アクア」の性能やビジュアルを訴求する内容だ。

CM映像はTOYOTAのYouTube公式チャンネル等で公開されている。デビュー当時から変わらない、yuiの透き通る声が印象的だ。

このCMを受けて、TwitterなどのSNSでも、約20年前の曲である「Strobolights」に「懐かしい」などのコメントがついているほか、「いい声だと思ったらYUI!」「透き通る声、最高」などの高評価が集まっている。

ソロデビューから活動休止まで

あぐらをかきながら、アコースティックギターをかき鳴らすスタイルが世間の注目を集めたYUI。福岡出身の彼女は、このスタイルを路上ライブで確立させ、地元ではライブハウスなどにも招かれるようになる。

2004年にソニーのオーディションを受け、約2万人の中から最終審査に残り、このときにも普段の路上ライブのようにあぐらをかいてギターを弾き、その度胸を見せたという。そしてデビューが決まり、上京することとなった。

デビューシングルである「feel my soul」はドラマ『不機嫌なジーン』(フジテレビ系)の主題歌となり、その透き通った歌声とあぐらスタイルで多くの人の心を掴み、一気に世間の注目を浴びることとなった。

その後も続くセカンドシングル「Tomorrow’s way」は映画主題歌に、サードシングル「LIFE」はアニメ「BLEACH」のエンディングテーマに採用されるなど、つねにタイアップがつき、人気歌手への階段を一気に駆け上っていった。

「Rolling star」「CHE.R.RY」など、ヒット曲を量産。ティーンエイジャーなど若者を中心に、多くのファンを獲得することとなった。映画『タイヨウのうた』では主演を務め女優デビューを果たすとともに、主題歌も担当した。

しかし、2008年に「リフレッシュ休暇」とし、制作活動に専念することを理由に活動休止に入ったのだ。これに伴い、予定されていたツアーは中止され、ファンクラブの新規入会および更新を停止するなど、いきなりの措置も執られた。

翌年には復活を遂げ、またアニメ主題歌を担当、CMソングを数々手がけるなど以前と同じような活動を再開させたのだが、2012年、まだ人気絶頂の中、惜しまれながらソロ活動を休止させた。

2012年の紅白歌合戦に初出場、また数時間後の年明けの「CDTV」をもって活動休止とした。活動休止の理由としては、制作における摩擦が積み重なっていったこと、また、結果的にYUIというものが大きくなったことを挙げ、限界だな、と思ったとしている。

FLOWER FLOWERでバンド活動!現在は再びソロも

翌年、ロックバンド「FLOWER FLOWER」のボーカルとして活動を再開させたYUI。名前の表記も、これまでの大文字のYUIからyuiへと改め、また容姿も、これまでのイメージの黒髪~茶髪のミディアムロングから金髪ショートヘアに、大胆なイメージチェンジを図った。

これまでのソロ時代には、ドラマや映画、CMのタイアップなどがいつもつきまとい、自分の歌いたい音楽ではなく、求められる音楽ばかりを作ってきたyui。ロックバンドを始めてからは、その頃の苦悩を歌詞に書き起こしたりするようにもなった。

ソロ時代のように表舞台に出るのではなく、小さなライブハウスやクラブなどでの活動がメインとなったようだが、それでも自由な音楽作りを楽しむことができ、開放的に楽しんでやっているかのような印象だった。

しかし2014年にパニック障害の診断を受け、再び活動休止することとなる。しばらくの間は療養が必要になり、ライブ活動を再開させることができたのは2017年になってからだ。ソロで人気絶頂だった頃のイメージとは異なり、波瀾万丈の人生を生きているようにも見える。

そして、2020年に入ってからは、8年ぶりとなるソロ活動も再開させた。その後はFLOWER FLOWERの活動と並行しながら、セルフカバーアルバムを出したり、冒頭のようなCMソングを歌ったりと、徐々に活動の幅を広げているようだ。

離婚と再婚で現在は4児の母!第3子は誰の子?

2014年にバンド活動を始めたyuiは、翌年2015年に一般男性と結婚している。アーティストとの交際等も報じられていたが、最終的には一般男性との結婚に落ち着いたのだった。結婚報告時に、すでに妊娠中でもあった。

しかし、結婚生活は長くは続かなかった。この夫との間に双子の男児をもうけたものの、2017年に離婚。親権はyuiがもった。「価値観の相違」とは説明したものの、yuiのパニック障害を旦那が対処しきれなかったなどの噂もある。

そこからそう経たない2019年に、スポーツジムでパーソナルトレーナーを務める男性と結婚。このときにも、結婚報告時にすでに妊娠していたことから、世間からは「切り替えが早い」「意外とだらしない」「イメージが崩れた」などの声も出た。

こういった世間からの声を加速させる理由には、謎の第3子の存在もある。前の夫との間に双子の男児をもうけたことは公表されており、また再婚相手との間に誕生した女児は「第4子」だったこともわかり、間の「第3子」が誰との子供なのか、曖昧にされているのだ。

最初の旦那との間に生まれていたのか、それとも離婚から再婚までの間に他の男性と交際していたのか。第3子の詳細は今も謎に包まれている。そのため、さらに「性にだらしない」ような印象を世間に与えてしまったようだ。

再婚相手も一般人男性のため詳しい情報は公表されていないが、現在は3人の息子と1人の娘のママだという。人気絶頂当時のイメージからは想像がつかないが、今は4人の子供を育てるたくましい母なのだ。今後もその活躍に期待しよう。