注目キーワード

安田美沙子のインスタに注目!旦那の浮気が原因で現在も車いす生活?

元グラビアアイドルで、現在はタレント・ママタレとして活躍している安田美沙子。そんな彼女のインスタグラム投稿に注目が集まり、ネットニュースになっている。「アート眉」施術後の姿を初めて披露したのだ。

おっとりとした印象が京都弁と相まってかわいく、かつてはバラエティ番組に良く出演していた印象だが、最近はテレビに露出する機会が減ったようなイメージを持つ人も多いのではないだろうか。彼女の現在の姿にも注目だ。

また、安田美沙子といえば、過去に妊娠中に夫が浮気をしていたこともニュースになった。そのときには憔悴しきってしまい、車いす生活を強いられていると報じられたほどだったが、現在はすべて良好なのだろうか?

事務所を退所しメディア露出は控えめに

若い頃もかわいかった安田美沙子だが、結婚して子供が産まれてもそのかわいさは健在だ。結婚、出産後はママタレとしても活躍しているが、2019年末に事務所を退社していたことを報告し、環境の変化もあった。

また、実は第二子も出産していたことも2020年3月に報告。妊娠していることも公表されておらず、また妊娠中と思われる当時のインスタグラム画像などを見ても、妊婦ということをまったく思わせない写真ばかりでもあったことから、この報告にもファンは驚きだった。

所属事務所と退所してからというもの、メディアへの出演はさらに少なくなっているようだが、インスタグラム、YouTubeをはじめSNSでは、プライベートの安田の姿がふんだんに公開されている。現在も2児の母ながらに、グラビアアイドルとして活躍していた当時のようなみずみずしいかわいさが保持されていることが確認できるだろう。

眉アート報告でネットニュースに

今回ネットニュースになっているのは、「アート眉」を施した安田の姿だ。アート眉とは、眉にある皮膚の上層(表皮)に専用の針でインクを入れ込む、汗や水にぬれても落ちないメイクのようなものだ。施術後は、2~3年はその効が保持されるといわれている。安田も、メイク時間を短縮するためにこの施術を受けたという。

「眉毛が楽すぎる。まだ濡らしたらだめで、ちょっと濃いけどここから落ち着いていくそう。眉毛かくのがめんどうなのと、左右差が気になり、アート眉思い切りました!」と明かし、コーヒーを片手に車で座る姿を掲載した。確かに、施術直後のためか、普段のメイクに比べて眉毛が濃いめであることが確認できる。

コメント欄では「アート眉毛って色を入れちゃうのですか? 全然わかりませんね!」と質問が飛んだほか「関西が生んだ至宝の可愛いさ」「人差し指のリング素敵ですね」などの声が寄せられている。

旦那の浮気で車いす生活?現在は克服か

安田美沙子といえば思い出されるのは、夫の不倫のニュースだ。第一子妊娠中の2016年に、服飾デザイナーである夫の不倫が報じられたのだった。今となっては気にしてる様子も見せないが、不倫報道から数か月は相当不安定な時期を過ごしたという。

「東スポ」によれば、あるテレビ関係者は夫の浮気報道当時の安田について、「当時は生気がないくらい落ち込んでいて、カメラが回ってない時は車いすに乗っていることすらありました。昨年(※インタビュー当時)の頭ごろ、撮影中に倒れたこともあった」と回想したという。

そこから2年ほど経って2018年にバラエティ番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演した際には、当時を振り返って、「ムカつきましたよー、めちゃくちゃ。妊娠中やったんで、ちゃぶ台返しみたいなね。ガラスのめっちゃ重たいテーブルひっくり返して、爆発したんですけど。ムカついて!」と、修羅場をネタにする余裕を見せた。

ショッキングであったであろう夫の浮気も笑い話へと変えた気丈な安田だったが、夫の裏切りは一度ではなかった。2020年3月には、『NEWSポストセブン』(女性セブン)によって二度目の浮気が報じられる事態となったのだ。

しかしこのときには、安田はもう浮気報道には慣れっこだったのか、「お騒がせしており申し訳ありません」と謝罪するとともに「この件はもう何年も前のことで夫婦の中で解決しました」と報告した。

また、インスタグラムでは「たくさん話し合いましたが、私には主人が必要ですし、何より子供達のパパには、彼しかいないと思っております。家族を本当に大切に思っているのであれば、主人が自ら責任をもって行動してくれると信じています」とつづり、一度目の不倫報道のときのようには取り乱したり、車いすが必要なほど憔悴したりしなかったようだ。

SNSを見ればわかるように、現在もママとして忙しく過ごしている安田。落ち込んでいる暇がないほど忙しいのか、あるいは夫が今度こそは変わってくれると信頼しているのかもしれない。夫が安田の期待に応えてくれることを祈るばかりだ。