柳楽優弥と豊田エリーは禁断恋愛だった!2人のなれそめや結婚生活の現在は?

タレン宇が豊田エリーが、夫で俳優の柳楽優弥との過去の禁断の恋愛についてテレビで語り、そのそのない話題となっている。

柳楽優弥と豊田エリーは、2010年の1月に結婚している。また、同年10月には第一子となる長女も誕生しており、現在も結婚生活は順調なものと思われる。今回の記事では、2人のなれそめなどご紹介していく。

恋愛禁止の高校でこっそり恋愛!

タレントの豊田エリー(33)が、今月4日深夜に放送されたテレビ東京系「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(土曜深夜0・50)に出演。その際、夫で俳優・柳楽優弥(32)との学生時代のエピソードを披露し、話題となっている。

学生当時は共に堀越高校に在籍していて、豊田が柳楽の1つ上の学年だったという。芸能関係者が多い学校ということもあり、男女交際についてはそれなりの厳しいルールがあったと告白。

「先生に見つかっちゃうと(学校を)辞めるか別れるか」と校則で恋愛が禁じられている中、「禁断というか、こっそり」と交際していたという。そのため、念には念を入れ、一緒に登校するにしても、学校の最寄り駅からは離れて歩くなど人に見つからない工夫をしていたと明かした。

そんな、人の目を気にしながらの恋愛だったが「楽しかった」と笑顔で話した。そして豊田が20歳、柳楽が19歳の時に若くして婚約を発表。2010年、交際期間4年を経て結婚へと至った。そして若くして第一子を出産しているので、2人とも30代前半とまだまだ若いが、すでに10代に差し掛かった子供がいるということだ。

2人のなれそめは?いったん破局していた!

堀越高校に通い、先輩と後輩の関係だった2人。恋愛関係に発展したきっかけはというと、柳楽優弥が豊田エリーに一目惚れし、共通の知り合いであった同級生が「柳楽くんが話したそうだよ」と豊田との間をもってくれ、なんとか連絡先を聞き出したのだとか。

まだ高校生だった2人だが、交際を始めたころから、すでに結婚を意識していたのだという。実際に、はじめてのプロポーズは柳楽が17歳のときに決行しているというのだ。

その時点での豊田の返事は、「(男性は)18歳にならないと結婚できないんだよ」というもの。その法律を知らなかった柳楽はそのように諫められ、がっくし。このときから彼女との交際について、本当に真剣だったのだろう。

しかし、高校生時代委から4年間にわたる交際をしたものの、「お互い束縛し合って、2人の世界に入り込み過ぎた」のが原因でいったん破局している。

そして、破局してから連絡を取っていなかった2人。ところが半年後に突然、柳楽優弥さんが電話で「久しぶり。結婚しよう」とプロポーズしたというのだ。

これは、以前豊田が「20歳の内にプロポーズされたい」と言っていたのを、覚えていたために実践したのだという。なんともドラマのようなエピソードだ。

離婚の噂なぜ?

2人には離婚の噂があったこともある。実際には今も夫婦仲は良好で過ごしていると思われるのだが、そのような噂がたった背景には、柳楽が精神的に不安定な時期があったからだと思われる。

若くして子役としてデビューし、そのデビュー作である映画「誰も知らない」では史上最年少でカンヌ受賞という、これ以上ないほどの華々しいスタートを切った柳楽の役者生活。

そんな彼は20歳のときに、いったん役者の仕事を離れたこともあった。その頃には、芸能関係の仕事からは一切離れて、社会勉強としてアルバイトをいくつかするなど、確かに周囲の人間にとっては心配になってしまうであろう行動をとったことも。

あわせて、スランプのためか過食をし、一時期は1日に8食も食べていたのだとか。その頃には、20キロも激太りをし、週刊誌やSNSなどでも心配の声が寄せられていた。

それに追い打ちをかけるかのように、「自殺未遂」の報道があった。精神安定剤を大量に摂取して搬送されたのだが、これを本人は「家族との口論が原因で、自殺未遂ではない」と釈明。

詳しいところはわからないが、こういったことが相次いだために、当時は夫婦仲もうまくいっていないのでは?といううわさが立つようになったのだろう。若くして結婚したカップルだっただけに、「結婚を熟慮するべきだった」と思う人もいたようだ。

しかし、これもだいぶ前の話なので、今では乗り越えているのではないだろうか。今では、お互いのSNSにひんぱんに登場することこそないものの、たまには顔を出しているので、心配ご無用のように思われる。

実際に、もしも2人の間にわだかまりがあれば、今回トーク番組で披露したように、2人の過去の恋愛の事実を披露することなどもなかったことだろう。2人と愛娘の幸せな生活を今後も祈りたい。