『トレンド速報net』You Tubeチャンネルはじめました

臼田あさ美アラフォー現在!旦那はOKAMOTO’Sドラマーで家がゴミ屋敷?

2000年代、モデルに女優業と大活躍だった臼田あさ美。現在は主役を張ることは減り、テレビドラマでもレギュラー出演よりはゲスト出演のほうが増えているが、それでもメディアで活躍中だ。

3月に公開された篠原涼子が主演を務める映画『ウェディング・ハイ』に出演しているほか、昨年の医療ドラマ『ラジエーション・ハウス』にゲスト出演した際にも、家事や育児に追われながら自分の健康状態をおろそかにしてしまう主婦という役どころを演じ、話題となった。

知っている人は知っているかもしれないが、臼田あさ美の旦那はバンドOKAMOTO’Sのドラマー・オカモトレイジで、現在は1児の母でもある。2人のなれそめなどについても見ていきたい。

また、一部では「家がゴミ屋敷」という不穏な噂も。こちらは真実なのだろうか?

臼田あさ美の来歴

千葉県松戸市出身の臼あさ美は、1984年生まれで現在37歳。15歳の時にスカウトされ、読者モデルとしてデビュー。このときにはモデル事務所からのスカウトではなかったため、特定の事務所に所属しての活動ではなかったようだ。活動時には、本名である「臼田麻美」を使っていた。

その後、2003年からは「CanCam」の専属モデル、その後は系列誌である「AneCam」の専属モデルを務め、若い女性を中心に絶大な人気を得た。

ドラマ、映画などにも出演するようになり、本格的に女優としての活動もするようになっていった臼田あさ美。モデルから女優へと転身した際、「続けていこう」と思えるようになったきっかけとなった作品としては、園子温監督の『夢の中へ』、と不定期に放送されるテレビドラマ『世にも奇妙な物語』の中の『美女缶』を挙げているという。

2017年の映画『愚行録』では演技が高く評価され、第39回ヨコハマ映画祭助演女優賞を獲得している。

夫はOKAMOTO’Sオカモトレイジ!

初デートから1ヶ月でプロポーズ

2017年に、バンド「OKAMOTO’S」のドラマーであるオカモトレイジとの結婚を発表した臼田あさ美。出会いは、臼田あさ美が司会を務めていた音楽番組『スペチャ!』に「OKAMOTO’S」がゲスト出演したことだったという。

その時はまだオカモトレイジが10代だったこともあり、臼田は結婚はもちろん恋愛にも発展するとは思っていなかったという。しかしのちに、共通の友人がいたことから友達としての関係が長く続き、出会いから7年が過ぎたとき、はじめて二人で出かけるという話になったそうだ。

しかし、二人きりにランチを行ったときにも、特に何も発展しなかったという。そこから話は急展開。あるとき、友人を含めてみんなで遊んだ帰り、二人きりになったタイミングでなんとオカモトレイジが「結婚したいです」とプロポーズ。

臼田はその場では流したものの、後日プロポーズを受け入れ、二人は結婚に至ったという。初めての二人きりでのランチから1か月で結婚を決めたという臼田は、結婚の決め手について「いつも楽しいし、心身ともに健康だからいいかなと。自分が疲れている時に会っても頑張らなくてもいい」と明かしたという。

雑誌では夫婦共演も

2018年には雑誌SPUR2月号に、夫婦で共演したことも。「音楽LOVEなふたり語り」というテーマに沿って、家では四六時中音楽が流れているという二人が対談を繰り広げた。

「50年代から60年代のレトロなデート」をテーマに撮影されたショットは、美男美女であり、お互いをよく知っている二人ではないと出せない、息の合った独特な雰囲気。雑誌には収録されなかったアザーカットはこちらで見ることができる。

SPUR.JP

臼田のインスタグラムなどではツーショットを見ることはできないが、今も仲良くやっているのではないだろうか?現在アラフォーとは思えない美貌を保っている様子である。

家がゴミ屋敷?証拠は無しか

さて、過去には一部週刊誌が臼田の家のことを「ゴミ屋敷」と報じたことがあったという。清潔感があってキッチリとしたイメージの強い臼田だが、ある週刊誌いわく、「家に大量のごみが捨ててある」「町内会費を払わない」「ペットの糞を始末しない」などのタレコミがあったとのことである。

しかし、これは証拠画像などが特にない報道とのことで、臼田の活躍をよく思わない人からのガセだったのではないか?という見方が強いようだ。

仮にこの報道の一部が事実であったとしても、結婚よりも数年前の報道。結婚し、親となった今では状況もかなり違うのではないだろうか。「いつか子供に聞かれたときのためにも、政治のことなどを勉強しておきたい」といった発言をしていた臼田の自宅がゴミ屋敷とは考えにくい。

今後も彼女の活躍に注目だ。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。