注目キーワード

ウエンツ英国留学で10円ハゲ!ヒロミ激怒説教でも帰国?コロナ大丈夫か

2018年10月から演技の勉強をする為ロンドンへ留学していた俳優・ウエンツ瑛士(34)が、約1年半の英ロンドン留学から帰国し注目が集まっていた。

そんな中、4月17日に放送されたフジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し留学中に10円ハゲができたことを打ち明け話題となっている。

約1年半の演技の勉強をする為に行った英ロンドン留学で俳優・ウエンツ瑛士がどう進化したのか番組で語られた。

ウエンツ会話ができず留学で10円ハゲ

出典:ウエンツ瑛士オフィシャルウェブサイト

ダウンタウンなうに出演したウエンツ瑛士は、英ロンドン留学に行ってすぐの数日間についてロンドン生活を満喫していたとコメント。

週末以外、午前9時から午後5時まで英会話学校に通い、終業後にワークショップやボイストレーニングと充実した生活を送っていたようだ。

しかし、そんなウエンツ瑛士は11月には10円ハゲが頭にできてしまったという。

というのも、英ロンドン留学では一切日本語をしゃべらないと自分で決めて、かつ日本語訛りの英語では勉強にならない為、日本人とも英語ではしゃべらないと決めたようだ。

10円ハゲができるほど自らを過酷な環境に置いて留学生活を送っていたようだ。

ロンドンから帰国にヒロミから説教?

3月15日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』で、タレント・ヒロミがウエンツ瑛士に説教したことを語っていた。

ヒロミは、3月10日に放送された日本テレビ系バラエティ番組「火曜サプライズ」では留学先であるロンドンをアポなしサプライズ訪問。

「(海外で勉強して帰国しても)仕事を取り戻せる、活躍できることを見せたい」

と決意を新たにし、4月から復帰することが決まっていた。

ヒロミは帰国する前に松本人志や中居正広など留学前から世話になった人に連絡しなさいと説教したという。

お前たち世代はそういうのが足りないんだと真剣に説教したということをワイドナショーでは語られていた。

帰国に新型コロナの影響は?

日本のバラエティー番組に復活すべくウエンツ瑛士は3月4日に帰国した足でそのままテレビ番組の収録へ。

その頃は新型コロナウイルスが世界中で感染が広がり始めた頃で、誰が新型コロナウイルスに感染していてもおかしくない時期。

そんな時期に留学先から帰国したウエンツ瑛士の感染についてネットで話題になっていた。

日本に帰国した当時に体調良好だった為、検疫所での検査対象にはならなかったようだ。