注目キーワード

トイレットペーパー不足デマを流した人が判明…謝罪へ!無くなった原因と内容

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、デマによってトイレットペーパーがなくなるという事態となり話題となっている。

そんな中、米子医療生活協同組合は3月3日に同組合の職員がデマの投稿者の1人だったとして公式サイトで謝罪しネットで騒然となっている。

「トイレットペーパーが品薄になる」

という趣旨の内容をSNSで配信したことが今回の原因となったようだ。

トイレットペーパー品薄で謝罪

謝罪が掲載された米子医療生活協同組合のサイトでは理事長名義で、

職員の不祥事のご報告とお詫び

このたび、『新型コロナウィルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました。
当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします

と発表。(現在サイトには繋がりにくくなっている)

米子医療生活協同組合 公式サイト

トイレットペーパー品薄の原因

トイレットペーパーが店頭から姿を消しだしたのは2月27日頃からだという。その原因となったのが、ツイッターなどのSNSで

「中国のトイレットペーパー工場が止まったらしい。入手困難になる」

などの根拠もないデマが拡散されたことだという。そのデマを信じたトイレットペーパーやティッシュペーパーを買いだめする客が相次ぎ品薄状態となった。

「トイレットペーパーはほぼ国内生産。十分な供給量と在庫が確保されている」

と、安倍首相が29日の会見で冷静な対応を呼び掛ける事態となった。そんな中、このデマを配信した1人が判明し話題となった。