注目キーワード

田中美保は38歳現在も可愛くて劣化知らず!激太り克服か 旦那は誰?

サッカー元日本代表・稲本潤一選手(42)の妻でモデルの田中美保(38)が今月13日、自身のインスタグラムを更新し、家族ショットを公開したことで注目が集まっている。

田中がモデルとして活躍し出したのは、10代後半から。当時の透明感は今も失われておらず、久しぶりのテレビ出演となった今年10月にも、その変わらぬ美貌に注目が集まりネットニュースとなっていた。田中美保の現在に迫ろう。

家族ショットに反響大

モデルの田中美保が今月13日、インスタグラムに投稿した写真に注目が集まっている。田中は「今日は9回目の結婚記念日 今年は盛大にお祝いする余裕はなかったけど…w(ランチはしましたが、お腹空きすぎて写真撮るの忘れてガッツいてしまったw)」と報告した。

また、「朝子どもに夫が“今日はお父さんとお母さんの結婚記念日なんだよ”」と伝えたというが、それに対しての子供の反応は、「新幹線??」だったという。

「今上の子は新幹線ブームで頭の中は新幹線w そりぁ結婚記念日って?だよねー」と、ほっこりするエピソードもつづった。

フォロワーからは、「ホントに素敵な御家族! 結婚した時もほんとにお似合いでこちらまで幸せに感じました これからも仲良くお幸せに」「家族全員かわいい!! これからもご家族みなさんを応援していますよ」「ステキなファミリー おめでとうございます」など祝福の声が届いている。

2人のなれそめは友人の紹介!

冒頭でも触れたように、田中の旦那は元サッカー日本代表の稲本潤一。このたび結婚9周年を迎えた2人だが、もともとの出会いはというと、田中のファンだった稲本が共通の友人にお願いして紹介してもらったと知られている。

2011年には、2人が飲食店でデートをしていた際に、その店の従業員のツイートがきっかけで、交際の事実が明るみになった。同年に、ホテルでお泊まりデートをしていた際にもホテルの従業員がツイートをしたことによりデート報道となり、似たようなことが立て続けにおきた。

それでも2人の関係性に悪影響が出ることはなく、翌年には結婚。2014年にはハワイで結婚式を挙げるという、誰もが羨むような幸せを手に入れたようだ。

田中美保の現在は仕事をセーブ?

2012年に結婚をし、2019年に待望の第一子を出産、そして今年の6月には第二子を出産した田中。カリスマモデルとして引っ張りだこだった頃に比べると、メディア出演はかなり少なくなっている印象だ。

その背景には、やはり結婚・出産も関わっているだろう。一時期は、夫である稲本の所属しているチームが札幌だったために、札幌に移住をしていたことも。これまでと同じように仕事を続けるのはさすがに難しかったのではないだろうか。ちなみに現在はすでに関東に戻ってきているようだ。

雑誌やテレビで見かける機会は減ったものの、モデル業・芸能界を引退したのかというとそういうわけではなく、現在もファッションブランドとのコラボアイテムを出したり、ママ向けファッション誌でもモデルを務めるようになったりと、活躍の方向性を変えつつ活動しているようだ。

北海道在住時には、北海道のローカル番組にレギュラー出演していたともいう。ライフステージが変わるのにあわせて、自分の仕事の仕方もアジャストしている様子がうかがえる。

また、2010年度を境に事務所を移籍したことも仕事量や内容に関係しているのかもしれない。

一時期は激太りしていた?現在も超かわいい

ファンの方ならご存じかもしれないが、結婚後、一時期田中美保には「激太り」と言われていた時期があったのも事実だ。テレビ番組「ヒルナンデス」に2017年に出演した際に、当時のモデル体型ではなく、ぽっちゃりとした姿になっている田中が出演しており、視聴者は衝撃を受けたようだ。

第一子の出産は2019年だったため、このときは妊娠とは被っていなかったと思われる。妊娠絡みの体型の変化ではなかったとすれば、北海道移住時にグルメ三昧だったためか、あるいはモデルとしての第一線から退いて、あまり体型に厳しくなりすぎず、健康的な生活を送っていたのかもしれない。

かと思えば、すでに2人の子供を出産したあとである2021年現在、「劣化知らず」とその美しさが改めて注目されている。今年10月にも、情報番組『ラヴィット!』(TBS系)に出演した際、「可愛すぎる」と反響をよび、「田中美保」がツイッターでトレンド入りを果たしたほどだった。

番組では、プチプラ服からラフな格好まで何でも着こなし、さすがのファッションモデルとしての実力をぞんぶんに発揮していた。

相変わらずの可愛さでテレビ出演のたびに話題となる田中美保。現在は子供が小さく仕事をするのも大変だと思うが、育児が落ち着いた際にはまた以前のようにメディアへの露出をしてほしいものだ。