注目キーワード

田中圭のコロナ感染は誕生日パーティーで自粛破り?眞島秀和にも非難殺到

今月20日に所属事務所が新型コロナウイルスに感染していることを公表した俳優の田中圭。売れっ子なだけに、感染が発覚して以来は、出演中のドラマ撮影など様々な仕事に穴を空けてしまっているわけだが、その感染経路が明るみになりつつある。

田中は誕生日を迎えた今月10日の夜、自身の主演ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日)のキャストやスタッフが集まった誕生パーティーに参加していたことを現在発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じた。

これを受けて、自粛破りが発覚したことで、田中圭のタレント価値は暴落せざるを得ないとネットニュースなどは報じている。また、感染した田中圭以上に非難を受けているのは、パーティー主催者の眞島秀和のようだ。

芸能界にも拡がる感染・・・経路は?

田中の事務所の公式サイトによると、田中は今月18日に発熱の症状が見られたため、同日PCR検査を実施。19日に陽性が確認され、現在は保健所の指示に従い療養しているという。

事務所は、《このたびは仕事関係者・共演者の皆様、またファンの皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけしますことを、心よりお詫び申し上げます》と謝罪した。

田中は、女優の波瑠が主演を務めるフジテレビ系の連続ドラマ「ナイト・ドクター」にレギュラー出演中。来月には主演舞台「もしも命が描けたら」(8月12日~22日、東京芸術劇場プレイハウス)の上演も決まっているだけに、各方面に影響が及ぶと見られている。

このところ、ワクチンは徐々に普及しているものの、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらずに芸能人たちも続々と感染している。南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代も、自身2回目となるコロナ感染を発表した。

しかし、芸能人たちは多くの場合、その感染経路については公表を控えている。そんな中、田中圭の感染前後の行動が波紋を呼んでいる。

田中圭は酒癖悪い!今後の仕事に影響も

https://www.instagram.com/p/Bmw5hE1hPuf/

「週刊文春」によると、仲間内による田中の誕生パーティーは毎年恒例で、今年の会場は都内の田中の自宅マンションにある、自宅とは別に借りている仕事部屋で開催されたという。参加者は、同じ所属事務所の俳優で家族ぐるみの付き合いをしている鈴之助、眞島秀和、正名僕蔵、ドラマの監督の瑠東東一郎氏やスタッフら20人ほどだったようだ。

20人ということでそこまで大規模なパーティーというわけではないが、コロナ禍ということもあって、世間からは批判の目が向けられることを余儀なくしている。

掲載された写真からはかなり密な様子が伝わってくるが、後日、感染したのは田中のみ。どうやらパーティーとは別ルートでの感染だったようだが、あからさまな自粛破りだった。

田中圭はドラマ「おっさんずラブ」の大ヒット以降、ドラマやバラエティ番組への起用も一気に増えており、今となっては間違いなく人気俳優の一人だが、自由奔放なところや酒癖の悪いところは以前から指摘されていた。

昨年2020年の8月には、泥酔した状態でタクシーに乗った田中圭が自宅へ帰る途中で車内で寝てしまい、支払いができず、警察に保護される事態になったと報じられた。ドラマの撮影期間に二日酔いの状態で撮影に挑み、共演の石原さとみから「集中して」とたしなめられたとも報じられている。

以前出演していたボートレースのCMも、酒癖の悪さが原因で契約更新に繋がらなかったという噂も。今回の感染でも仕事に穴を開けてしまったので、今後の仕事の減少を招いても仕方が無い。復帰後、どう謝罪・釈明するかが注目される。

批判の矛先は眞島秀和に

だがしかし、感染した当の本人である田中圭よりも、批判の矛先は違う人物に向いているという。コロナ自粛下での田中の誕生日パーティーを主催した、俳優の眞島秀和だ。

田中と眞島はドラマ「おっさんずラブ」など多くの作品で共演した飲み友達でもあり、共通の趣味でもある麻雀仲間だという。

https://www.instagram.com/p/BjMEO0mBA9e/

眞島自身も昨年8月、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中に新型コロナに感染し、その深刻さは誰よりもわかっていたはずだ。そのためかSNSなどでは、眞島に対して、「昨年コロナに感染してるのにパーティーを主催して騒ぐなんて」「誕生日パーティーだって言われたら田中圭は断れるはずない」「まじめな人だと思ってたのに」などのコメントが殺到する事態に。

これまでのイメージが真面目で硬派な印象だっただけに、それを裏切られたように感じる人も多かったのかもしれない。クールに見えて実はお酒が好きで、仲間うちでワイワイ騒ぐのが好きな性格だということも、あまり知られていなかったことだろう。

眞島は同日、すぐに所属事務所の公式ツイッターで「週刊文春で報道された件に関しまして このような時期に、良識のない行動を取りましたことを深く反省しております。今後、自らの行動を律し、信頼回復に努めてまいります」と、報じられた事実を認め謝罪した。

自粛が求められるようになって久しいが、都内では過去最多の感染者数を更新している昨今。この状況下でのパーティー決行というのも、批判を浴びている一因かもしれない。田中や眞嶋が今後の仕事で信頼を取り戻してくれることを祈るばかりだ。