スポンサーリンク

タモリさん江頭2:50と同じ扱い「何するか分からない」と放送後の抗議が心配だった

放送事業の発展と放送文化の向上に貢献した人に贈られる「第68回日本放送協会放送文化賞」をタモリ(71)が受賞し、17日に都内で行われた贈呈式に出席。

「第68回日本放送協会放送文化賞」の授賞式でタモリは番組としてはNHKが一番古い付き合いとコメント。NHK「ばらえてい テレビファソラシド」にレギュラー出演していたときのことを話した。

「当時、私は今で言うと、江頭2:50と同じような扱いでして。あれは何するか分からないから、番組に呼ぶなという風潮の中、レギュラーとして初めて出まして。当時の思い出が一番印象に残っています」

と、タモリ自身が江頭2:50と同じあれは何するか分からないの芸風だったと語った。

スポンサーリンク

『テレビファソラシド』に挑んだタモリは無謀な行為だった?

出典:twitter画像

タモリ自身が当時は江頭2:50と同じあれは何するか分からない芸風で挑んだ『テレビファソラシド』に、実は放送後の抗議が心配だったという。

「スタッフに聞いたら『テレビファソラシドは間違いです。正しくはドレミファソラシドです』という抗議が来たと聞きました。腰が抜けたような感じになりました」

と、そこに抗議がと「第68回日本放送協会放送文化賞」授賞式で出席者を笑わせた。また、現在出演中の「ブラタモリ」について

「『テレビファソラシド』と同じく、「ブラタモリ」は無謀な行為でございました。地学、地質というマイナーな分野と歴史と合わせて街をぶらつく。出てくるのは、私と新人アナウンサー、テレビにはほとんど出たことがない、テレビを見ている人にとっては土地のオヤジの3人だけ。しかも土曜の夜7時半からやるという無謀な行為」

と、今や人気番組となった「ブラタモリ」に無謀な行為と自虐的な言葉を交えて笑わせた。

「ようやく最近、そこかしこで、ちょっと褒められるようになりました。本当にうれしく思っています。番組のスタッフに深く感謝いたします」

と、「第68回日本放送協会放送文化賞」授賞式のあいさつを締めくくった。