注目キーワード

鈴木亜美とゴマキ(後藤真希)のツーショットに反響!公開処刑?

歌手の鈴木亜美と、元『モーニング娘。』のゴマキこと後藤真希の2ショット写真が双方のインスタグラムにて披露され、ファンから反響が寄せられている。2人とも共に、同世代でアイドルだった同士。

奇跡ともいえるツーショットに注目が集まる一方、「公開処刑」という声も聞こえてくる。これは一体どういうことだろうか?

奇跡のツーショット!

写真は後藤真希が最新写真集「ramus」を鈴木亜美に渡した際のショットで、ツーショットを撮ったときのことはお互いのインスタグラムに投稿されている。


鈴木亜美は「まきちゃんから写真集もらったよん/歳下だけど、ママ歴では先輩!!可愛いし、タフなまきちゃん、マネージャーが同じだし、これからも仕事もママも頑張ろうっ」と投稿。後藤真希は、「亜美ちゃんに写真集プレゼンツ/久々に会えて楽しい時間になりました!!」のコメントと共に公開した。

共にオーディション番組「ASAYAN」出身で、アイドルとして、ママとして何かと共通点も多い2人だけに、ファンも即座に反応。


「ASAYAN世代なので胸熱」「最強タッグです」「俺等世代には奇跡の2ショット」「青春の二大巨塔」「何歳になっても可愛い」「このツーショットに悶える」「コラボしてほしい」「当時中高生だった彼女らが、もうママな年齢なんだよね」「いまでも仲良くしてらっしゃる姿を見れて嬉しいです。お2人ともキレイです」など、またたくまに多くの反響が寄せられることとなった。

後藤真希は写真集を発売したばかりで、今月にはBillboard Liveも成功させた。対する鈴木亜美は、来年2月に40歳を迎え、それを記念したライブ「Ami Suzuki Birthday Live 超激辛40倍」の開催が発表されており、今も尚、ファンを魅了し続けているというところも、2人の共通点のようだ。

後藤真希が鈴木亜美を公開処刑?

奇跡ともいえるツーショットに反響が集まる一方で、厳しい意見も聞こえてくる。女性芸能人にとっては曲者であろう、「加齢」「劣化」などと指摘する人たちからの声だ。

「ゴマキの方が若いとはいえ、アミーゴ完全に公開処刑されてるな…。顔が不自然に突っ張っていて違和感」「アミーゴかわいいけどさすがに老けたな~。それに比べてゴマキは相変わらず美人過ぎる!」「この写真かなり画像処理してる? 鈴木の顔がのっぺりしててかなり不自然」「目が不自然」などといったものだ。

1982年生まれの鈴木亜美と、1985年生まれの後藤真希。同世代アイドルとしてはくくれるものの、実際に年齢も違うわけで、容姿を比較してどうのこうのと言うこと自体がナンセンスと言えなくもないが、ツーショットを上げたがために、どうしても比べられてしまっているようだ。

「ASAYAN世代には感涙モノの2ショットでしたが、2人のエイジングの差がかなりはっきりしてしまったようです。鈴木は無理矢理口角を上げ、かつて人気だった〝アヒル口〟を強調しましたが、写真加工も相まって、かなり不自然な顔つきになっていました。一方の後藤は、それなりに歳は取ったものの、まだまだ若々しさがありますね。11月29日に発売した約10年ぶりの写真集は売れ行き好調で、3度目の重版が決定したばかりです」(アイドル誌ライター)

話題のゴマキ写真集って?

話題になっている写真集『ramusu』は、後藤にとって10年ぶりとなる写真集。先行カットが公開されるやいなや、その大胆な内容が話題を呼び、大きな話題に。

写真集を実際に手にした読者からも、「想像以上の内容!」「ゴマキ世代にはたまらない」「先行カットを大きく上回る出来栄え」「女子力UPのための目の保養」など、絶賛の声が続々と届き、早くも3度目の重版4刷が決定している。

今月2日に行われた出版記念トークショーでは、写真集の内容について後藤本人も「過去イチです!」と熱くコメント。

上品で美しい世界観の中で、ヌーディーなカットに挑戦している本作を「女性誌のチームと作ったので、大胆だけどおしゃれに見える。女性にも男性にも楽しんでいただける一冊になっていると思う」と語っていたように、男女ともに、多くの方が楽しめる展開となっていることも特徴的だ。

写真集の中には、モーニング娘。の3期生として加入直後にセンターポジションに抜擢され、センセーショナルなデビューを果たした「LOVEマシーン」を想起させる衣装をまとったサプライズカットも収録された。

会見では、「スタッフのみんなとWow Wow言いながら撮影して楽しかった」とのエピソードが披露された通り、実際に「LOVEマシーン」が流れる現場では本人が時折歌ったり踊ったりと、ノリノリの様子で撮影が進行したことも明かしていた。