長友佑都、冨安健洋の代表デビューに喜び「僕が19歳のときは大学で太鼓叩いてたから(笑)」



長友佑都、冨安健洋の代表デビューに喜び「僕が19歳のときは大学で太鼓叩いてたから(笑)」

日本代表DF長友佑都が、パナマ戦で躍動した若手に称賛の言葉を送った。
ロシアW杯以来の代表復帰を果たした長友は、ベンチから戦況を眺めた。試合を見ていて「気持ちよかったなと言うのが率直な印象です。やっぱり嬉しいですよね。」
若い選手たちがああやって躍動して結果をだしてくれるっていうのはと、若手の活躍を喜んだ。「僕自身もね、これまで以上に刺激をもらっていて、まだまだトレーニングを積んで自分自身、成長しないと若手に追い抜かれるんだなっていう危機感も芽生える。なんかいい感情でしたと長友。」
若手の躍動がモチベーションアップにつながったようだ。長友が主戦場とする左サイドバックには、サンフレッチェ広島の佐々木のプレーを見ていた長友は「「左利きなの、翔は?」という感じで聞いたくらいで、ホントに両方で精度の高いボールを出せるし、いいプレーヤーだなと称賛した。
一方で「ただ、僕と特徴が違うんでね、(佐々木は)身長もありますし、空中戦の強さもある。僕は走力とかまた違った部分で勝負していければいいかなと思います」と定位置死守に意欲を見せた。さらにパナマ戦では、19歳の冨安健洋がA代表デビューを飾った。
これについて長友は「いや、19歳でね、あれだけプレーできるのはうらやましいですよね(笑)もう嫉妬ですよ!」と冗談交じりのコメント。
もう本当にそれと比べるとね、うらやましくてね、嫉妬しちゃいそうですよね「まあまあ、それは冗談としてああいう若い選手が出てくるというのは、とにかく僕は昨日ワクワクしながら冨安に「いいプレーしろよと、ミスしてもいいからガンガン行けよ」っていうことを試合前にも言ったんですけど、すごく嬉しかったですね冨安を含めた若手の活躍を手放しで称賛した長友だが、それに負けじと自分の特徴は「コミュニケーションに自信があること」を挙げた。「自分でもコミュニケーションの鬼だというふうに思っています。コミュニケーションで世界大会があったら優勝できるんじゃないかと思うくらい自信を持っているんで。
「その実力を生かしたい」。若手に負けていられない。長友の向上心が日本をさらに強くする。

[紹介元] Samurai GOAL 長友佑都、冨安健洋の代表デビューに喜び「僕が19歳のときは大学で太鼓叩いてたから(笑)」

twitterの反応

[getswin use_title=”1″ cache_time=”30″]






コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください