J2町田の昇格不可がJ1残留争いの行方を握る?2位以内でもJ2残留



来シーズンのJ1及びJ2リーグを戦うために必要となる、Jリーグクラブライセンスの判定結果が27日、Jリーグから発表された。
2012年に導入されたクラブライセンス制度は、必要とあれば各クラブは6月30日までにライセンス申請に必要なすべての書類を提出する。受理したJリーグ内のクラブライセンス事務局・評価チームは、各クラブを(1)競技(2)施設(3)人事体制・組織運営(4)法務(5)財務――からなる5つの基準で厳密に審査して交付される。今年を例にすれば、各クラブにヒアリングを実施。
その上で8月末までに評価レポートを作成し、弁護士や公認会計士ら10人で構成される、第三者機関の「クラブライセンス交付第一審機関(FIB)」へ提出する。そして、FIBによる判定結果がこの日に発表された。水戸はJ1昇格を前提として、ケーズデンキスタジアムではなく笠松運動公園陸上競技場をホームとして申請。
実際に昇格を逃した場合は今シーズン同様にケーズデンキスタジアムを使用するため、交付されたJ1クラブライセンスが失効。J2クラブライセンスへ変更されるため、初めてのケースとなる「解除条件付き交付」となった。
水戸は残り8試合となったJ2戦線で11位につけている。2010シーズンからホームとしてきた水戸市のケーズデンキスタジアムを、あえて茨城・那珂市の笠松運動公園陸上競技場に変えて申請した理由は、スタンドの入場可能数と密接にリンクしている。JリーグではJ1基準で1万5000人以上、J2戦線で11位につけている。
ケーズデンキスタジアムのそれは約1万2000人、笠松運動公園陸上競技場のそれは2万2002人となっていることから、基準の(2)施設を満たすために変更に踏み切った。一方で施設の基準を満たせず、FIB判定でJ2ライセンスが交付されたのが、J2ライセンスが交付されたのが、J2首位の松本山雅FCに勝ち点で3ポイント差の2位以内に入ってもJ1へ自動昇格できず、3位から6位までの4チームに出場権が与えられるJ1参入プレーオフにも出場できなくなった。
町田のホームスタジアム、町田市立陸上競技場の入場可能数は1万328人にとどまっている。もっとも、J1ライセンス取得へのハードルはこれだけにとどまらない。2ライセンス交付を受けて、町田は公式HP上でスタジアム以外の課題をこう挙げている。
「設備基準を満たしたクラブハウス、天然芝またはハイブリッド芝ピッチを1面以上有する専用の練習場を用意すること、等の要件が控えています」(原文のまま)町田市立陸上競技場に関する改修は行政が中心を担う。実は開幕から上位戦線につけた2016シーズンも、スタジアムがJ1ライセンス基準を満たしてない件がクローズアップされた。好成績を残してもJ1昇格がかなわない状況で、それでも7位と大奮闘した軌跡が町田市内の世論を動かした。
J1基準を満たす約1万5000席への増設を目指して、市側は昨年度に総額約48億円をかけた町田市立陸上競技場改修の基本設計を策定。バックスタンドを現状の1階建てから3階建てとして、さらに屋根でカバーする青写真のもと、今年度中には造成工事が始まる予定だ。残されたクラブハウスと練習場の整備は、言うまでもなくクラブのマターとなる。
懸命に頑張る現場に呼応するべく、ゼルビアのフロントも前出の公式HP上で決意を新たにしている。「クラブでの確保を目指し、今後も関係各所と連携して参ります(原文のまま)」町田市側の計画では、新装スタジアムの竣工予定は2021年2月。
J1参入プレーオフへと回る。J2の3位から6位までの4チームがまずトーナメントを行い、勝者がJ1という夢を成就させるためにはもうしばらくの時間を要することになるが、実は町田の今後の成績は、J1の残留争いにも大きな影響を与えてくる。今シーズンのレギュレーションでは、Jリーグの歴史上でも前例のない大混戦となっているJ1という夢を成就させるためにはもうしばらくの時間を要することになるが、実は町田の今後の成績は、J1の17位と最下位がJ1参入プレーオフへと回る。
ただ、上位勢で唯一J1ライセンスをもたない町田が2位以内でフィニッシュした場合は、3位のチームが対象となる。必然的に17位がJ1ライセンスをもたない町田が2位以内でフィニッシュした場合は、3位のチームが対象となる。必然的に17位がJ1では最下位チームが対象となる。
残り7節となったJ1戦線では、10位の清水エスパルスから最下位の長崎が連勝、17位の清水エスパルスから最下位のV・ファーレン長崎までの9チームが勝ち点7ポイント差にひしめき合っている。さらには23日の浦和レッズ戦で4失点を喫し、4連敗となった9位の清水エスパルスから最下位のV・ファーレン長崎までの9チームが勝ち点7ポイント差にひしめき合っている。
実際、残留争いに巻き込まれているチームの関係者は「そりゃあ町田さんを応援するよ」と、苦笑いしながら偽らざる本音を明かしたこともある。シーズンのライセンスをJリーグ側へ申請した段階で、あるいはシーズン開幕の前後から、J1基準を満たしていない状況をクラブに関わる全員が共有していたからだ。
JFL時代に1年間だけ指揮を執った2010シーズンを含めて、通算で6シーズン目になる元日本代表DFの相馬直樹監督(47)のもとで育まれた、揺るぎない土台が今シーズンの町田を支えている。全体をコンパクトに保ちながら、手数をかけない攻撃やセットプレーからゴールを狙う。派手さはないものの総得点52はリーグ4位タイで、総失点36は7番目に少ない。
攻守両面で奏でられる良好なハーモニー。そして、かつては少年サッカーの町と呼ばれ、潜在的な可能性を秘める町田市を巻き込んでいくためにも、J2戦線に大きな爪痕を残したいという意欲は高い。
台風の関係で消化試合数がひとつ少ない町田は残り9試合。そのなかには1ポイント差で迫る大分トリニータ、4ポイント差のアビスパ福岡、東京ヴェルディとの直接対決も含まれている。J1に昇格できないチームが2位以内に食い込めば史上初、3位から6位の間に入れば5位でフィニッシュした2014シーズンのギラヴァンツ北九州以来、2チーム目となる。

[紹介元] Samurai GOAL “摩訶不思議”!昇格不可のJ2町田が、J1残留争いの行方を握る

 

twitterの反応

[getswin use_title=”1″ cache_time=”30″]






コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください