メッシの称号は誰の手に?世界中の「第2のメッシ」8選手は今どこに?



バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、10代の頃から31歳となった現在に至るまでトップを走り続けている。
バルセロナの下部組織で育った、J1横浜F・マリノスのFW久保建英は「日本のメッシ」と報じられ、ヴェローナの韓国代表FWイ・スンウも「韓国のメッシ」と紹介されることが多い。その一方で、かつてのネクスト・メッシは現在、どのようなキャリアを歩んでいるのだろうか。記事では「メッシ2世」と呼ばれた8人の“今”にスポットライトを当てている。
かつて「パラグアイのメッシ」と呼ばれた、パラグアイ代表FWフアン・マヌエル・イトゥルベは、2014年に加入したASローマで期待ほどの結果を残せず、現在はメキシコ1部のUNAMに所属している。また元イラン代表FWフアン・マヌエル・イトゥルベは、2014年に加入したASローマで期待ほどの結果を残せず、現在はメキシコ1部のUNAMに所属している。
スコットランド代表MFマルコ・マリンはブレーメンでブレークし、「ドイツのメッシとして世界中から注目を集めた。だが印象的な活躍をすることはできず、今夏にポルトガル2部のファレンセへと期限付き移籍している。世界が注目した「ドイツのメッシ」 元ドイツ代表MFマルコ・マリンはブレーメンでブレークし、「ドイツのメッシと期待を集めた。
その後、チェルシーに活躍の場を求めたが、世界的なビッグクラブでの挑戦は失敗に終わった。現在、今季UEFAチャンピオンズリーグの本選出場を決めたセルビア1部レッドスター・ベオグラードでプレーしている。ギリシャ代表FWヨアンニス・フェトファツィディスは、10代で名門オリンピアコスの主力として頭角を現した。
プレースタイルと背格好から「ギリシャのメッシ」と呼ばれたが、ジェノア移籍後は目立った活躍を見せることはできなかった。エジプトの強豪アル・アハリを経て、今夏オリンピアコスに復帰している。「ミニ・メッシの異名を持つスペイン人のMFホセ・エンジェル・ポゾは、レアル・マドリードの下部組織育ちの22歳。

[紹介元] Samurai GOAL 世界中の「第2のメッシ」、8選手は今どこに?

 

twitterの反応

[getswin use_title=”1″ cache_time=”30″]






コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください