F・トーレス(サガン鳥栖)が今なお不発!その理由とは?



【Jリーグ】<F・トーレス(サガン鳥栖)>今なお不発のなぜ?

目指す方向を指さしながら、斜め前方へ何度もスプリントした。
ラ・リーガの強豪アトレティコ・マドリードから今夏にサガン鳥栖へ加入し、2戦連続で先発メンバーに名前を連ねた34歳の元スペイン代表FWはシュートを1本も放てないまま、後半20分に決められたPKを最後まで挽回できなかった。
試合後の取材エリア。トーレスは「新しいチームに入ったばかりなので」と前置きしながら、新天地サガンで魅せたいプレーについて具体的にこう言及している。「できればディフェンスラインの後ろにボールが欲しい。
今日は何回も(ラインの後ろに)行ったけどスルーパスが来なかった。残念だったけど、練習からチームで何回も(ラインの後ろに)行ったけどスルーパスが来なかった。残念だったけど、練習からチームで何回も(ラインの後ろに)行ったけどスルーパスが来なかった。残念だったけど、練習からチームで何回も(ラインの後ろに)行ったけどスルーパスが来なかった。
加えて、ベガルタ仙台とのデビュー戦を含めて、トーレスと息の合ったコンビネーションを見せていたFW小野裕二が足をつって、わずか27分間プレーしただけでベンチへ下がるアクシデントも発生。
ならば、後方からのパスを何とか引き出そうとピッチの上で悪戦苦闘したが、ベンチへ下がった24歳は、攻撃陣を操る決定的なパスを何とか引き出そうとピッチの上で悪戦苦闘したが、ベンチへ下がった。
トーレスの加入が決まったときから、原川は過去の映像を見ていてもわかりました。
「そこを生かせるようにならないといけないんだけど、まだ来日して間もないので、パスを出す側や周りの選手も探り探りの状態だと思います」。

[紹介元] Football Channel 【Jリーグ】<F・トーレス(サガン鳥栖)>今なお不発のなぜ?

 

twitterの反応

[getswin use_title=”1″ cache_time=”30″]






コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください