注目キーワード

SMAP再結成の可能性!3000万基金で「新しい地図」中居・木村コラボも

元SMAPメンバー(稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)によるプロジェクト「新しい地図」と日本財団が、愛のポケット基金「LOVE POCKET FUND」(愛のポケット基金)をスタートさせた。

この基金のキャッチコピーは「for youだけどfor meでもある」。この言葉を胸に「誰かにやさしくすることで自分も幸せになれる」ファンドを目指す。

この基金の構想が始まったのは昨年のこと。「新しい地図」結成から2年が経ち、「ファンへの感謝の気持ちを何かの形にしたい」と申し出、日本財団が応える形となったようだ。

3000万基金「新しい地図」の活動は?

出典:新しい地図公式Instagram

「愛のポケット基金」では、主に『生きにくさ』を抱えている女性や子どもへの支援や高齢者・地方創生に係る支援を目的とする。

金銭面や物資面に限らず、支えを必要とする人々に寄り添っていく取り組みも展開していく予定。

20年春に立ち上げ、ファンミーティングで発表するよう準備を進めてきた。

そんな矢先での新型コロナウイルス感染拡大となり、まずは新型コロナ対策に取り組む決意を固めた。

感染拡大が止まらないなかで、「新しい地図」のメンバーから3,000万円が寄付された。

基金は医療関係者やその家族の支援、児童の預かりなどの支援に使われる予定だ。メンバーの稲垣吾郎は、

一日も早く全ての人々が穏やかな暮らしを取り戻せることを祈って。これからも一緒に頑張っていきましょう

とファンへ協力を呼びかけた。

愛のポケット基金・公式 HP https://love-pocket-fund.jp/
※4月27日(月)11時公開予定

ジャニーズ退所の中居正広との合流は?

今年3月には、元SMAPのリーダー中居正広が34年間所属したジャニーズ事務所を退所するという衝撃のニュースもあった。

このことに対してファンからは、「新しい地図に合流するのでは?」という期待も寄せられた。

しかし中居は4月から、自身が社長を務める個人事務所「のんびりなかい」で個人活動を開始。

元SMAPメンバーらによる「新しい地図」への合流とはならなかった。このことに関し日刊大衆は、

「中居とジャニーズ事務所との退所時の話し合いで、“独立後もしばらく新しい地図とは共演しない”という密約が交わされた」

と報じている。SMAP解散時に孤立のイメージがついてしまった木村拓哉を、さらに孤立させることがないようにジャニーズ事務所側が配慮したとのことだ。

中居は3月のジャニーズ退所発表時に、

(5人でのSMAP再結成の可能性は)ゼロではない

とコメントしていた。中居はジャニーズを円満退所していたということもあり、ここで「木村拓哉の孤立」という波風を立てずに、「新しい地図」との共演NGを承諾することで、将来のSMAP再結成への希望を残したのだろう。

東京オリンピック・パラリンピックの延長でSMAPの再結成も?

解散前年の2015年、SMAPは「日本財団パラリンピックスペシャルサポーター」に就任していた。解散後は「新しい地図」がその役目を引き継ぐ形となっていた。

“独立後もしばらく新しい地図とは共演しない”という約束を交わした中居正広ではあるが、来年8月ともなれば、日本がコロナウイルスの影響から立ち直っていくタイミングで行われるパラリンピックの舞台で、両者が共演することにジャニーズ事務所サイドも文句は言わないのでは、と芸能関係者は推測している。

そこに木村拓哉も加われば、SMAPは事実上の「再結成」となる。

歴史的アイドルグループの再結成の場として、コロナの苦難を乗り越えての東京オリンピック・パラリンピックという舞台はうってつけだろう。

奇しくも延長された東京オリンピック・パラリンピックで、5人そろったSMAPの姿が見られることに期待したい。