注目キーワード

自宅待機コロナの恐ろしさ!がん闘病と岡江久美子さん死去で考える

俳優の大和田獏の妻としても知られる、女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎で23日朝、都内の病院で亡くなったと所属事務所が明らかにした。63歳だった。

岡江久美子(おかえ・くみこ)さんは1956年8月23日生まれ。

東京都世田谷区出身。過去に昼ドラ『天までとどけ』(TBS系)やドラマ『味いちもんめ』(テレビ朝日系)に出演。

情報番組『はなまるマーケット』(TBS系)で薬丸裕英とともに約17年間にわたり総合司会を務めるなどした。

先日死去した志村けんさんに引き続き、大御所の訃報に悲しみの声が相次いでいる。

がん患者でも自宅待機必要?コロナの恐ろしさ

所属事務所によると岡江さんは、昨年末に初期の乳がん手術を受け、1月末から2月半ばまで放射線治療を行っていた。

これにより免疫力が下がっていたことが、新型コロナウイルスによる肺炎が重篤化したことの原因ではないかと見られている。

岡江さんは今月3日に発熱し、数日間にわたり自宅待機の指示が出たことにより、自宅にて療養した。

しかし6日に容態が急変し、都内の病院に緊急入院。ICUで人工呼吸器を装着し、その後PCR検査で陽性の結果が出たという。懸命な闘病の末に、23日の朝死去した。

岡江さんはがん闘病中であっただけに、なぜ発熱後すぐに入院することができなかったのかと、各所から疑問の声が上がっている。

夫・大和田獏の心中は?感染経路は不明?

岡江さんの夫で俳優の大和田獏と、娘の大和田美帆は現在、それぞれの自宅で外出を自粛しているという。2人は岡江さんの死去に関して連名でFAXを発表し、

今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他には何も考えられない状態

と悲痛の思いを漏らした。大和田獏と岡江久美子さん夫妻は、2013年には「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれており、周囲も認めるおしどり夫婦だった。

岡江さんの感染経路や、葬儀等の詳細は明らかにされていない。新型コロナウイルス陽性だったことを鑑みれば、葬儀は親族のみで行われる可能性も高そうだ。

突然の訃報に、過去「はなまるマーケット」で共演していたお笑いコンビ「天津」の向も自身のTwitterで、

すごい気さくな優しい方でした。悲しい。ご冥福をお祈り致します

と追悼の意を表した。

芸能界はコロナの温床?蔓延食い止められるか

出典:スタッフ・アップグループ公式サイト

岡江さんの場合は乳がんの闘病中だったこともあり、芸能活動による感染の可能性はほぼゼロといっていいだろう。

先日死去した志村けんさん、石田純一、森三中の黒沢かずこ、宮藤官九郎など、芸能人による新型コロナウイルス感染の報道が止まらない。

電話中継の活用や不要不急の放送の削減など、今後の対応が注目される。