注目キーワード

サトエリ佐藤江梨子の現在は干された?海老蔵と破局で旦那はブラジル男性

サトエリこと佐藤江梨子の姿が見られなくなったと言われるようになって久しい。

2015年には一般男性との結婚も発表されたが、それ以前には歌舞伎の市川海老蔵との交際を公表しており、破局の際には大打撃を受けていた。

佐藤江梨子はインスタなどのSNSを持っていないために活動が把握しにくいが、現在も芸能活動をしているようだ。

現在はブラジル人男性と結婚でママに

佐藤江梨子といえば元イエローキャブのグラビアアイドルで、全盛期は小池栄子と並ぶ人気を誇っていた。

抜群のスタイルと美貌を武器に、当時はドラマ、CMにグラビアに引っ張りだこだった佐藤江梨子。実写版『キューティーハニー』で主役を演じたのも記憶に新しい。

佐藤江梨子は、2015年1月31日に更新したブログで、一般男性との結婚と妊娠を同時に報告。

1月31日は、愛妻の日。

私、佐藤エリコは、本名が佐藤でなくなりました。

先日、兼ねてよりお付き合い、婚約させて頂いてた方と入籍させて頂きました。

そして、私のお腹の中には新しい命が宿っております。旦那さんは45歳の一般の方で私も旦那も、子供が欲しくて欲しくて念願叶っての妊娠でした。

病院の先生に「もう発表しても大丈夫だと思います」と言われて泣きそうでした。

まだ安定期ではないので、ご迷惑をお掛けするかもしれませんが、健康第一にマイペースにお仕事も頑張りますので、よろしくお願いします。

お仕事関係者の方々、病院の方々に多大なる御配慮を頂きました事、心より感謝申し上げます。

佐藤江梨子オフィシャルブログ

そして同年、同じくブログで出産を発表していた。出産後には、2016年2月1日スタートの昼ドラマ『嵐の涙〜私たちに明日はある〜』の主演でスピード復帰を果たした。

旦那は弥生の元夫!

サトエリにとっては現在の旦那が初婚だが、相手にとっては再婚だったとも噂されている。

そして、噂が正しければ、旦那の以前の結婚相手は、小雪の姉でありモデルの弥生なのだとか。

出典:弥生オフィシャルブログ

2人連続で女優、しかもスタイル抜群の美女を捕まえたということもあり、サトエリの旦那には世の男性陣から「うらやましい」といった声が続出した。

旦那はブラジル人の会社員で、父がホテルを経営している御曹司。サトエリとの子供も日本とブラジルとのハーフということで、美形なのではといわれている。

歌舞伎の市川海老蔵と佐藤江梨子が過去に交際していたのは有名な話だが、なんと佐藤江梨子の旦那はもともと市川海老蔵のブログを管理するスタッフだったのだとか。

そのため市川海老蔵は過去にブログで、「なんか元カノと付き合っているらしい」とブログに佐藤江梨子の旦那の写真を掲載したこともあるそうだ。

今も海老蔵に未練あり?

佐藤江梨子と市川海老蔵が過去に交際していたのは有名な話で、前後に色々なことがあったため世間の記憶に強烈に焼き付いているが、実際には交際期間はさほど長くはなかった。

結論から言ってしまえば、交際宣言から3ヶ月での破局だったため、今でも未練があるとは考えにくいだろう。

当時の「週刊現代」の取材によれば、2006年お正月ドラマの撮影を通じて、俳優であり歌舞伎役者の中村獅童と親しい仲になった佐藤江梨子。

それとほぼ時を同じくして、市川海老蔵と女優の米倉涼子が破局となった。

中村獅童は、米倉涼子と別れて落ち込んでいた海老蔵に、最近親しくなった佐藤を紹介したのだとか。

そして海老蔵の猛アタックで、佐藤と海老蔵は交際に発展したのだという。

ほどなく海老蔵と佐藤江梨子の2人は、映画館デートをキャッチされる。周囲を気にする様子もなく、抱き合いキスし、海老蔵が佐藤の太ももをなで回したりといった様子で、逆に周囲が気をもむほどだったそうだ。

熱愛報道後、事務所は交際を認めなかったが、記者からの質問に対し佐藤江梨子が堂々と交際宣言。

「人権をシカトするのはよくない」「今日をもって堂々とします。もう追いかけられたくない」

と独特の語り節で、記者に投げかけた。そんな交際宣言から3ヶ月後、早くも2人は破局を迎えてしまった。

不穏なブログで海老蔵に非難

海老蔵との破局時、佐藤は自身のブログに泣き顔の写真を投稿し、「世の中には人を傷つけるのが好きな人もいる」などと投稿。

海老蔵と破局したことを明かし、失恋のショックからか、ハンバーガーショップなどをハシゴしやけ食いしている姿も同時期キャッチされた。

事実関係は本人同士しか知らないが、海老蔵に非難が集まったと同時に、「個人の関係をブログに書くのはちょっと」と佐藤にもあわせて批判の声が。

佐藤江梨子はこれをもって、お騒がせタレントのレッテルを貼られてしまった。

2人の破局の理由は気持ちのすれ違いもあっただろうが、海老蔵の周囲の反対が大きかったとされている。

「ちゃらちゃらした女は梨園の妻にはふさわしくない」と、セクシー路線の佐藤江梨子は最初から相手にしてもらえなかったようだ。

そもそも海老蔵ははじめから遊び相手として佐藤江梨子を認識していたようで、交際時にも周囲に「米倉は本当にいい女だった」といったことを漏らしていた様子。

最初から2人の温度感に差があったのだろう。いずれにしても佐藤は被害者のように思われる。

現在は女優として活動中

結婚・出産後は露出が減り、一部では「干されたのでは」と言われる佐藤だが、しっかり女優としての活動を現在もしている。

ここ数年では『科捜研の女』(テレビ朝日)にゲスト出演、2018年5月には映画「ラプラスの魔女」に出演するなどの実績がある。

子育てもあり、連続ドラマにレギュラー出演するのは難しいかも知れないが、ドラマのゲスト出演などを中心に活動しているようだ。

今年に入ってからも、1~3月にかけて放送されたドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)の第7話に出演した。

今後も女優としての活躍に注目のほか、同じくグラビア出身の小倉優子のように、ママタレとしての才能を発揮する日もくるかもしれない。