注目キーワード

パパイヤ鈴木の露出が減った理由と現在は?若い頃がイケメン

一時期はバラエティ番組などに数多く出演していたパパイヤ鈴木。最近は、2003年に放送されていたドラマ『美女か野獣』(フジテレビ系)の再放送で見かけ、懐かしいという声もネット上で挙がっていた。

しかし、それを除いてはここ数年は、一時期に比べパパイヤ鈴木をテレビで見かける機会は確実に減っている。パパイヤ鈴木がテレビに出なくなった理由は何で、彼は今、何をしているのだろうか。

おデブキャラとして需要激減?現在はローカルの仕事

アフロヘアがトレードマークだったパパイヤ鈴木は、石塚英彦と「元祖!でぶや」に出演してからは、ダンスキャラとしてだけでなく、おデブキャラとしても人気を確立させた。

芸能ゴシップを中心とするエンタメ情報メディア「リアルライブ」は、パパイヤ鈴木の現在について、ある芸能記者の証言を以下のように紹介している。

「2000年初頭にはホンジャマカの石塚英彦さんとグルメ番組を持ち、おデブキャラとしての人気も高かったのですが、2010年頃からだんだんと全国区で見かけなくなりました。その理由は単純におデブキャラとしての需要が激減したからですね」

確かに言われてみれば、一時期はよく見たものの最近はあまり見ないおデブキャラといえば、パパイヤ鈴木だけでなく、内山信二、「さんぺぇです」の三瓶友敬、ザ・たっちなど、枚挙に暇がない。

いわゆる「おデブキャラ」は競争が激しく、我々が思う以上にレッドオーシャンなのかもしれない。あるいは、おでデブキャラというジャンル自体の重要が、かつてに比べればなくなったということかもしれない。

前出の芸能記者は以下のように続ける。

「ですが、地方ではいまだに需要は高く、九州方面で放送されている番組では相変わらずグルメロケを担当して人気を博しています。パパイヤさんがいると番組が特に盛り上がるそうで共演者はもちろん、視聴者からも話題です」

つまり、全国区の番組では見る機会は少なくなっているものの、ローカル番組に目を向ければパパイヤを見る機会は多くあるということのようだ。

現在はダンスの仕事がメイン 金銭トラブルも?

そうはいっても、総合的に言えば芸能界の仕事より、ダンスに関する仕事のほうが現在は多くなっているようだ。パパイヤの現在の仕事について、前出の記者は以下のように述べているという。

「俳優として舞台に出演したりしていますが、現在の主な活動は全国に教室を持つ、キッズダンス教室のプロデュースです。ダンスがすぐに覚えられるカリキュラムが特徴のダンススクールで、ダンスはもちろん、表現力や感性も磨かれると評判ですよ」

「他にも、振付師としての仕事も多く、最近では自身も出演するスズキの車、ソリオのCM内の振り付けを担当したり、成田凌さん主演の映画『くれなずめ』の劇中のダンスの振り付けを担当したりしています。相変わらず、人気振付師として引っ張りだこのようです」

もともとの武器だったダンスの仕事が増えており、またダンスを教えることや、振り付け師としての仕事など、そのスキルを活かしてこの分野では幅広く仕事をしているようだ。そういうことであれば、あまりテレビに出てこないのも合点がいく。

一方で、プロデュースするダンススクールでは金銭トラブルもあったようだ。パパイヤがプロデュースするダンス教室で、コロナ禍でレッスンが休講になったことがあったのだが、休講になったにもかかわらず、月謝はいつもどおり引き落としされ、それに関して何の連絡もなかったとのこと。

この意見が利用者からパパイヤ鈴木のブログを通じてコメントという形で伝えられ、パパイヤは「教室と話をする」と返信し誠実な対応を見せていた。プロデュースを手がけているからといって、経理などそこまで深く突っ込んだ関わり方はしていなかったのではないだろうか。

若い頃がイケメンすぎる?健康は大丈夫?

パパイヤ鈴木といえば、「若いころがイケメン」というのもよく言われることだ。「アフロのデブ」キャラがすっかり定着するようになったパパイヤ鈴木だが、もとはといえば若い頃はイケメンで、アイドルとして活動していたというから驚きだ。

当時は体重は60キロにも満たず、かなり細身だったようだ。それにぱっちりとした大きな目と凜々しい眉毛で、しゃんとした顔立ちをしていたという。それが、着々と体重が増えていったために、アイドルとしての活動は辞め、振り付け師に転向することになったという。

そして「元祖!でぶや」にレギュラー出演して7年半あまり。この期間には各地で食べに食べていたため、なんと体重は最高で110キロまでいったというので、アイドル活動をしていた頃の約2倍ということになるから驚きだ。

その後、健康上の理由からダイエットをし、30キロ以上の減量に成功。しかし、芸能的にはすっかり「おデブキャラ」として定着していたために、痩せてしまったパパイヤには以前と同じような仕事が来たわけではないようだ。

また、その後にリバウンドしたことも報告しており、再び3桁も目前というところまでいったようだ。人生を通して、体重の増減が非常に激しい部類に入るだろう。

その後は一定の体重をキープしているのか、現在の写真を見るとそこまで太いという印象は受けない。とはいってもインスタグラムの写真は食べ物にまつわるものが多いので、基本的には仕事を抜きにしても食べることが好きなのだろう。少し気を抜いたらまた一気に太ってしまう可能性も。健康に害が出ない程度の増減でおさまればよいのだが。