注目キーワード

大塚愛の現在は大阪のおばちゃん化?元旦那SUの不倫離婚後の画像が話題に

歌手の大塚愛の現在に注目だ。大塚愛は大阪出身ということもあり、出産後の姿などが「大阪のおばちゃん化」と言われていたが、実際のところはどうなのだろうか。

大塚愛は、2003年に「さくらんぼ」で大ヒット。特に若い層からの人気で世間を席巻した。

2009年には、元々ファンを公言していたヒップホップグループRIP SLYMEのSUと、楽曲「aisu × time」で初コラボののち翌年結婚。しかし、SUの不倫などを原因に2018年には離婚していた。

なれそめは楽曲コラボ

2003年にセカンドシングル「さくらんぼ」で大ヒットした大塚愛。もともとRIP SLYME及びそのメンバーであるSUのファンを公言していた。

そんな大塚愛は、ベストアルバム「LOVE is BEST」を制作の際に、ファンであったSUにコラボをダメ元で依頼。

玉砕覚悟だったが、これがなんと快諾されたということで、2人は大塚愛にとって初めての他アーティストとのコラボ楽曲である「aisu × time」の制作にとりくんだ。

当楽曲は、大塚愛の楽曲「One× Time」がオリジナルで、タイトルでもある「aisu」には「愛す」「アイス」「愛とSU」などの意味が含まれており、またミュージックビデオでは2人が濃厚に絡み合う姿などが映され話題となった。

制作当時は交際していなかったようだが、その後も連絡を取り合い、なんと翌年にはできちゃった婚。世間を驚きの渦に飲み込んだ。

SUの泥沼不倫

もともとSUは、大塚愛との結婚前に、一般人女性との結婚歴があったが、離婚している。

離婚後、SUと木村カエラとの熱愛が発覚したことなどから、離婚原因はSUの不倫だったのではと報道された。しかし交際期間が被っていたのかは実のところ定かではない。

初婚の際にも、事務所や互いの両親に知らせないまま結婚し、そのうえライブで突然結婚の事実を報告するなど、「やんちゃ」なイメージのぬぐえないSU。

大塚愛との間には1人の娘に恵まれ、夫婦関係は順調かに思えたが、SUの不倫ですべては変わってしまった。

22歳年下モデルと不倫

2010年に結婚した大塚愛とSUだったが、2017年に週刊誌FRIDAYがSUの不倫現場をキャッチ。相手は元モデルでアーティストの江夏詩織だ。

SUのラジオに「友人」として出演した江夏だったが、収録が終わると彼女の自宅へ。そのまま朝を迎えたようだ。

また、2人はおそろいのブランドバッグを持ち歩いている姿なども確認されており、一夜限りの関係ではないのは明らかだ。2人は少なくとも2016時点では関係が始まったとされている。

不倫発覚後、SUがRIP SLYMEの楽曲「Check This Out」の歌詞中に、彼女の名前である「しおり」をねじこんだことなども発覚。

不倫相手からの嫌がらせも・・・

大塚愛はSUとの関係修復を図ったが、「子どものためにも」と頼み込んだ大塚愛に対し、SUは「そういうの負担だから!」と言い放ったとも言われている。

これらのことを受け、大塚愛は最終的にはSUとの離婚を発表した。

不倫発覚前には、江夏は今でいう「匂わせ」を自身のSNSなどで大量にしていたこともあり、SU本人に負けず劣らず世間からの猛バッシングを受けた。

その内容が、男物のTシャツが映り込んだ写真や、化粧品の「リップ」がほしいことなど、また「スライム」作りに興じていることなど、SUを連想させるものだった。

また、江夏は大塚とSUの別居時に、深夜に大塚宅のインターホンを鳴らす、大塚愛のSNSに「別れろ」といったメッセージを送るなど、悪質な行為をしていたことも取り沙汰された。

本人に留まらず子どもへの嫌がらせもあったといい、これには大塚愛もたまらず、警察に被害届を提出していたという。

しかしそれでは終わらせないのが大塚愛。のちに、自身の楽曲「あっかんべ」の歌詞の中に嫌がらせを受けた実体験をそのまま綴るなど、小気味よくやり返していた。

結局騒動後、SUと江夏が結ばれることはなかった。江夏は実質的に表舞台から姿を消したかに思われ、SUも活動休止などに追い込まれることとなった。

RIP SLYMEは現在はグループとしても活動休止状態にある。SUは自身のInstagramにて「全ての責任は私にあります」と自身がグループ活動休止の原因である旨を発言している。

現在は劣化?画像あり!

出産後、音楽番組に出演の際に、「大阪のおばちゃん」を連想させる髪型で登場するなどし、ネット上では「大塚愛劣化」という言葉がささやかれた。

しかし現在、アラフォーの大塚愛だが劣化の噂などなんのその、彼女のインスタグラムでは魅力が増している姿が見られるから驚きだ。

SUとの離婚後、親権は大塚が持っている。インスタグラムでは時折、娘への深い愛情を思わせるようなコメントも見受けられる。

また現在は、シンガーソングライターとしてのみならず、イラストレーターや絵本作家としての活動もしているようだ。

育児のこともあってか、以前ほど音楽番組などで姿を見ることはないが、これからも活躍を期待したい。