スポンサーリンク

百条委員会での石原慎太郎元知事「決済した責任は認める」発言!内容とは?豊洲市場問題

本日3月20日に東京都の豊洲市場(江東区)をめぐる問題で開かれた都議会の調査特別委員会(百条委員会)に石原慎太郎元知事(84)が証人喚問された。

出典:twitter画像

石原慎太郎元知事は豊洲市場の土壌汚染が問題となっている移転決定について

「決済した責任は認める」

と、開かれた百条委員会で述べた。しかし、浜渦武生元副知事と東京ガスとの用地取得交渉の内容に関しては、

「彼に一任したことなので、いちいち詳細に報告は受けていない」

などと、これまでの主張同様のコメントとなった。石原慎太郎元知事は、土地売買契約に東京ガスが土壌汚染対策費の追加負担をしない「瑕疵(かし)担保責任の放棄」が盛り込まれたことについて

「担当から報告を受けた記憶はない」

と発言し、土壌汚染が問題化している豊洲市場への移転延期を決めた小池百合子知事を

「安全と安心がこんがらがっている」

と批判。豊洲市場への移転延期は間違っており、速やかに土壌汚染が問題化している豊洲市場へ移転することを求め

「速やかに移転を決断すべきだ」

と、百条委員会で豊洲市場の土壌汚染問題への意見を述べた。