ハリルホジッチ監督解任の原因と西野氏が選ばれた理由とは?日本代表はどうなる



4月9日に日本サッカー協会・田嶋幸三会長が日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)を電撃解任し、後任に西野朗日本協会技術委員長(63)が就くと発表。

2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕2カ月前の異例の監督交代となった。日本サッカー協会・田嶋幸三会長は、

「W杯で1%でも2%でも、ベスト16に入る可能性を上げるために、この決断を選択した」

と、記者会見で2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会でベスト16を目指すためだとコメントした。

日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督解任

出典:サッカー日本代表 公式ツイッター 画像

4月7日付けでバヒド・ハリルホジッチ監督との契約を解除した日本サッカー協会。

日本代表前任のアギーレ監督の契約解除の後、非常に短い時間でチームをつくり、見事にW杯予選突破を実行したバヒド・ハリルホジッチ監督。

しかし、W杯出場権獲得の後の試合では結果を残せずに最終的には契約解除という結果になってしまった。

今回の契約解除には、2018年3月のベルギー遠征のマリ戦、ウクライナ戦の後で、選手とのコミュニケーションや信頼関係が多少薄れてきたこと、さまざまことを総合的に評価してこの結論に達したという。

サッカー日本代表の新監督

1%でも2%でもW杯で勝つ可能性を追い求めていきたいと考えた日本サッカー協会は、新監督に内部からの昇格しかないと考えたという。

2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会までたった2カ月であることを考えたうえで内部で一番このチームを見てきた方、西野朗日本協会技術委員長を監督と決定。

アトランタ五輪、柏レイソル、ガンバ大阪、アジア・チャンピオンズリーグでの戦いなどさまざまな国際経験も積んでいる。

解任理由

不本意な結果となったベルギー遠征が終わって西野朗日本協会技術委員長は、現体制を続けていくと明言していた。

しかし、契約解除に至る前はW杯予選突破前と後とチームが最善の方向にいくよう議論してきた日本代表。ベルギー遠征はW杯前の最後の重要な遠征だった。

ベルギー遠征でハリルホジッチ・ジャパンが立ち直るために努力していたのは選手とのコミュニケーション、信頼関係だったという。

マリ戦・ウクライナ戦の結果でその努力が成功したとは思えなかったようで、それが最終的なきっかけになったようだ。

この時期での解任

ベルギー遠征の結果、選手とのコミュニケーションが足りないという理由で解任されたバヒド・ハリルホジッチ監督。

2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕まで2カ月での解任は、デメリットが非常に多い。

しかし、監督を交代しなければならないという状態にまで落ち込んでしまったサッカー日本代表。このタイミングだからこそ今まですべてを見てきた西野朗日本協会技術委員長になった。

「少しでも日本が勝てるようにしたいという気持ちからこの決断に至った」

という日本サッカー協会。開幕2か月前での監督電撃解任でチームはどうなるのか注目したい。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください