リレンザの副作用で転落?異常行動で飛び降りか?服用の注意と効果

14日午後1時ごろに東京都品川区のマンション敷地内で4階に住む中学2年14歳の男子生徒が転落しているのが発見された。

中学2年14歳の男子生徒は、自室から転落したとみられ病院で死亡が確認。インフルエンザを発症し、リレンザを服用していたと発表されている。

警視庁によると、インフルエンザを発症しリレンザを服用した副作用で転落したと思われている男子生徒は寝間着姿で、自室の窓が開いており、その真下のマンション敷地内で見つかった。

副作用の異常行動で飛び降りか?と思われているリレンザを服用した男子生徒は14日午前に病院に行き、リレンザを服用して自室で休んでいたという。



リレンザの副作用の異常行動で飛び降り転落か?

出典:twitter画像

自室から転落したとみられ病院で死亡が確認された男子生徒の事故について、リレンザを服用した時の副作用による異常行動で飛び降り転落したのでは?とネットなどでは話題となっている。

インフルエンザを発症した時に服用するリレンザを製造するグラクソ・スミスクラインはホームページで、関連は不明とした上で「使用後に異常行動などを発現した例が報告されている」として、小児、未成年者について、服用後、少なくとも2日間は1人にならないよう呼びかけている。

グラクソ・スミスクライン ホームページ

副作用の異常行動で飛び降り転落の可能性があるリレンザ

ザナミビル水和物としてグラクソ・スミスクライン社により販売されている商品名「リレンザ®」は、ザナミビル と呼ばれ世界で最初に開発されたインフルエンザ治療薬。

A型インフルエンザウイルス、B型インフルエンザウイルスに効果を示すと報告されている。C型インフルエンザウイルスには無効である。

2014年に臨床試験データに基づく分析が公開され、この新たな証拠に基づいて備蓄するほどの恩恵があるのかの見直しが求められるとされている。