アメフトの悪質なタックル問題で指示したとされる日大監督が会見!その内容とは



日本大学と関西学院大学との試合で重大な反則行為があった問題について日本アメリカンフットボール協会が18日に日本スポーツ協会にこれまでの調査状況などを報告。

悪質な反則行為があったと問題視され報道されている日本大学と関西学院大学との試合では、試合を主催した関東学生連盟が重大な反則行為だとして規律委員会を設け調査している。

日本アメリカンフットボール協会は、今月26日に理事会を開き関東学生連盟から、悪質な反則行為があったと問題視されている試合調査の報告を受けることになっているという。

アメフト問題「無防備な状態に悪質タックル」

今月の6日に行われた日大対関西学院大の定期戦で、パスを投げ終えて無防備な状態だった関学大のクオーターバックに背後から激しくタックルをして負傷退場さ問題となった。

怪我をさせた日大選手は、その後もラフプレーを繰り返して退場処分されることとなった。試合後、無防備な状態だった関西学院大選手に後ろからタックルしている動画が、SNSなどで拡散。報道され話題となっている。

また、日大選手が無防備な状態だった関西学院大選手に後ろからタックルしたのは、日大アメリカンフットボール部の内田正人監督の指示だったという。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.