ロッキン2022コロナ感染で出演キャンセル!払い戻しや代理アーティストはどうなる?

今年の開催日程は8月6,7日の土日と、11,12,13日の木金土。すでに半分折り返すところまで来ている。

コロナでフェス延期の櫻坂46は大丈夫?

残る日程で出演予定なのは、マキシマムザホルモン、10-FEET、キュウソネコカミ、優里、スキマスイッチ、きゃりーぱみゅぱみゅ、ONE OK ROCK、HYDE、Cocco、UVERworld、櫻坂46、鈴木愛理、サンボマスター、MONGOL800、WANIMA、関ジャニ∞など有名どころもたくさんだが、そんな中で心配されているグループが櫻坂46だ。

櫻坂46は、7月の22、24日に富士急ハイランド・コニファーフォレスト(山梨県富士吉田市)で出演予定だった『W-KEYAKI FES.2022』について、開催前日である21日にメンバーおよびスタッフの検査を実施したところ、主要メンバーを含めてコロナ陽性者が多数確認されてしまい、「聖地」でのフェスを泣く泣くキャンセルに。8月にあらためて同ステージでの振り替え公演がアナウンスされた。

追って、追加で陽性メンバーが何人か確認され、結果的には、クラスターを最小限で留めることができたということで「出場辞退は懸命な判断だった」とされたのだが、そこからまだ日が経っていない。

その当時、陽性ということが発表されたメンバーらは、続々と仕事に復帰していることを報告しているが、一緒に活動してきたメンバーの中に、無症状の感染者や潜伏中のメンバーがいたとしてもおかしくない。

ロッキンの直前にもまたメンバー全員に対するPCR検査が実施される可能性は高いが、1人でも陽性が出た場合、出場・欠場への判断は慎重にならなければならないのが大人数グループの難しいところだ。感染対策は万全だろうが、ロッキンまであと数日、どう転ぶだろうか。

1 2 3