自動車を買うときに使うオートローンに注意!金利は種類によって異なる

オートローン

お目当ての自動車を購入する人のおよそ7割が便利で人気のオートローンで借入れをして購入すると言われています。

特に自動車を新車で購入するとなるとまとまったお金が必要になるので、現金で一括して支払う人は、ほとんどいないでしょう。

自動車を買うときに使われるオートローンとは、つまり金融会社から借金をするということです。返済時には、事前の取り決めに従って利息を足した金額を支払います。

オートローンを使うときに注意するのが金利が何%での貸付を行っているか。オートローンを選ぶ時には、とても重要な部分です。

オートローンを選ぶ時にはとても重要な金利

n645_kiiroikurumatosyatta-norakugaki_tp_v

自動車を購入するときに使うオートローンは、金利だけを見ると数%なのでどこのオートローンを利用してもあまり大差ないと思われがちです。

しかし、お気に入りの自動車を購入する場合には、借入れ金額も大きくなるので、数%の差の金利が最終的な返済額を計算してみると思った以上に差があるものです。

数%の差の金利については安易に考えずに、しっかり確認してからオートローンを利用するようにしましょう。

金利はローン会社によって異なり、一般的に正規ディーラーで組むオートローンはネット銀行や一般的な銀行よりも金利が高くなっている場合がほとんどです。

オートローンを自動車を購入するディーラーで組む場合の注意点

n752_2senensatu_tp_v

自動車を購入する時にディーラーのお勧めのままにオートローンを組み、車の下取りをしてもらい、オプションをつけるととてもお得に感じます。

しかし、よく考えてみると自動車を購入する場合は、ディーラーとは割引やオプションの話をして、下取りや、オートローンは個別に検討したほうが、よりよいところが探しやすくなります。

多くの販売店がメーカー系のクレジットとして割賦販売をしています。しかも、これは販売店の成績となりコミッション収入を受け取っています。

ネット銀行や一般的な銀行でもオートローンは取り扱われており、自動車販売店の金利よりお得となっている場合が多く、金利優遇のサービスもあるので最近では大変利用しやすくなっています。