自動車を買うときのオートローンの審査を受けるときの注意点とは

オートローン

新しい自動車が欲しいと思った時、あるいは修理の必要に迫られた時に、手持ちのお金では足りないことがあります。

そういった時に役に立つのが、オートローンでお金を借りるという方法があります。

自動車を買うために融資を受けるには、オートローンの申し込みを行って、その後に続く審査を突破する必要があります。

では、オートローンを使って自動車を買ったり、修理を行う場合には、どういった点に注意をするといいものなのでしょうか。

オートローンの審査を受けるときの注意点

miya151213088749_tp_v

オートローンの審査では、信用情報が重視されているところです。まだ完済していないローンが他にあるという人や、今まで借りたお金をきちんと返せていない人は、審査では不利です。これはオートローンに限ったことではありません。

債務整理の経験がある人や、延滞の経験があるという人は、事故情報として信用情報に残されていることがあります。

オートローンや様々なローンを使う時は、過去にキャッシングやローンを遣ってみて、返済時に円な返済手続きができてしたかどうかが、判断に対して重要な意味を持ちます。

オートローンや様々なローンで一定の割合以上の融資は認められていない

-shared-img-thumb-PAK33_eibunichiretuninatte_TP_V

また、法律で申込み者の年収に対して一定の割合以上の融資は認められていませんので、お金を借りる時はその点も考慮する必要があります。

年収の35%を越える金額を、1年で返済しなければいけないようなローンは設定できません

もしも、オートローンの1年間の返済総額を明らかにするには、他のローンの返済額も考えなければいけません。

他の金融機関から借りているローンがある人は、基準額からまずその金額を引いた残額内で借り入れなければいけません。

また、保証人はオートローンを利用する時には必要とされていませんが、オートローンの中には、保証人がいると審査に通り安くなるものもあります。