不動産担保ローンを借り換え目的で利用する時の利点と注意点

住宅ローン

不動産担保ローンの借りかえは、金利が低い今だからこそ意味があることというのはよく知られている話しで、たくさんの人が希望しています。

ローンといっても様々な種類のローンがありますが、融資されたお金の使い道が教育・住宅・車など限定されることは少なくありません。

また、ローンの種類によっては、金融会社がなかなかローンの審査を通してくれない使い道の場合もあります。

不動産担保ローンには利点がある

a1180_014455

不動産担保ローンでは、お金を借りる時に担保に不動産を入れることになりますので、返済不能による危険性が限定され、使い道の制約を受ける必要はなくなるという利点があります

お金を貸す側の金融会社サイドも、不動産が担保として入っていたほうが、何かあった時はすぐにこれらを差し押さえるだけでお金を回収できるので、金利を高くする必要がなってしまうのです。

また、不動産担保ローンは他のローンと違い、一般的に低金利での融資が受けられますので、今借りているローンの負担を軽減したいという人なども使っています。

低金利の住宅ローンに借り換える時の注意

house-construction-1005491_640

不動産担保ローンは一般的に低金利での融資が受けられるので、ローンの借り換えをする人が増えています。しかし、ローンの借り換えの注意点として、申込みをしてお金を借りる時に金利とは別に手数料がかかることです。

借り換え目的で不動産担保のローンを利用する場合には、借りる金融機関の金利はもちろんのこと手続き時の手数料がどのくらいになるのか調べておきましょう。

現在のローンから、不動産担保ローンに借り換えた時に、どのくらい得になるか、隅々まで計算してみることがとても大事になります。

不動産担保ローンに借り換える時の手数料もそうですが、完済までに必要な金額を全て計算してみることで、不動産担保ローンに借り換えたほうがお得かどうかかわかります。

金融会社との相談だけで話を進めてしまわずに、一度ファイナンシャルプランナーの意見を聞きながら、不動産担保ローンを検討する人もいます。