松本人志が加藤浩次と対決!スッキリ出演・松本が吉本退社



お笑い芸人の闇営業問題から吉本興業の経営陣への批判に発展した今回の問題。

大人気お笑いコンビのダウンタウン・松本人志(55)が28日に放送された自身がレギュラーを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」でコメントし話題となっている。

今回の闇営業問題に端を発した騒動では、吉本興業の経営陣に怒って自身がMCを務める番組で退社宣言した極楽とんぼ・加藤浩次(50)との対立構造が報じられていることにも言及した。

松本人志・加藤浩次が吉本興業をめぐり対立?

出典:松本人志 公式ツイッター 画像

7月28日に放送されたワイドナショーでは、一部の報道で話題となっている経営陣に怒って退社宣言した極楽とんぼ・加藤浩次との関係について松本人志がコメント。

報道では、松本人志と加藤浩次が吉本興業の経営陣へのコメントで対立構造になっていると報じられている。しかし、番組で松本人志は、

「(加藤浩次と)VS構造になってない」

と、報道を完全に否定。しかもこの騒動から二人は頻ぱんに電話で話していることが告白された。

報道とは違う関係に

闇営業問題から吉本興業の経営批判へと発展し芸人たちが分裂危機へと陥っているという報道を受けて、

「そこまでしゃべったことのない加藤ともめちゃくちゃしゃべるようになった。」

と松本人志がワイドナショーでは語っている。実際には報道のような対立構成にはなってないとし、


「なんか岡村(隆史)もしゃべりたいって言ってきてくれてるんで、今までそこまで親しくしてなかった後輩たちとも、これを機に話が聞けそうだし、もしこれをうまく乗り越えたら今までよりもすごいいい会社になると思ってる」

などとコメント。今回の騒動で吉本興業の芸人たちとこれを機に話すようになったという良かった面もあったという。

対立している加藤浩次のスッキリに松本人志が出演

ワイドナショーのエンディングで松本人志は一連の騒動や芸人たちの対立報道などを受けて、

「加藤にも言ってんねん。『俺、スッキリ出るで』って」

と日本テレビ系「スッキリ」への出演を申し出ていることを告白。

「まずは8時に行って、松本VS加藤で乳首相撲やってもらったりとか」

とMCを務める東野幸治からの提案が。また、ワイドナショーにも加藤浩次が出演して欲しいというコメントで締めくくられた。

松本人志が吉本興業を退社


ワイドナショーの前回の放送では、松本人志が雨上がり決死隊・宮迫やロンドンブーツ1号2号・亮の会見から吉本興業へ会見いい感じのトスがあげれたとコメント。

しかし、きれいなトスも吉本興業の岡本社長の会見に批判が集まる通り、自身の見解も、

「0点でした」

とコメント。また、今回の闇営業問題から吉本興業分裂まで報じられた騒動になったことに対して、

「会社が悪いことやっているなら、ちゃんと明確に(すべきだ)。それをしないのだったら、芸人全員連れて(吉本を)出ますわ」

と、今後の吉本興業への意見を述べ、自身が吉本興業を退社するという厳しい意見まで飛び出した。

今後の吉本興業や松本人志・加藤浩次ら、そして問題となった闇営業に関わった芸人たちの今後に注目したい。