『クレイジージャーニー』TOPがAD暴行で出勤停止・異動!どうなる?



2015年4月17日からTBS系列で水曜に放送されているドキュメンタリー要素の高いバラエティ番組「クレイジージャーニー」に激震が走っていると報じられ話題となっている。

TBSの大人気バラエティ番組「クレイジージャーニー」はダウンタウン松本人志やバナナマン設楽統、小池栄子らがMCを務め企画を盛り上げている。

そんな大人気バラエティ番組をゼロから立ち上げ、演出を担当してきたという事実上の制作トップと言われているA氏(38)について「週刊文春」が報じ、「クレイジージャーニー」はどうなるのかと騒然となっている。

クレイジージャーニー制作TOPがAD暴行

週刊文春の報道によると、今春にADへの暴行で出勤停止の処分を受け異動することが取材で分かったという。

真実について週刊文春がTBS広報部に事実関係を聞いたところ、一般社員の人事案件や番組の制作過程には回答できないと答えたようだ。

明日の8月29日(木)に発売される週刊文春では、更に詳しく暴行についてなども語られるという。

暴行事件の詳細は?

クレイジージャーニー制作TOPがAD暴行して謹慎・異動となったという週刊文春の報道では、詳しいことは明日8月29日発売で語るとしながら次のように報じている。


今年の4月頃に編集作業に不手際があったとかで激高したA氏がTBS本社の隣にあるビルの編集スタジオで暴力沙汰を起こしたという内容。

番組テロップを入れる編集作業をミスしたADの胸倉をつかみ、振り回したと報じている。

その拍子に壁にぶつかって相手が流血する怪我を負わせてしまったということが原因となっているようだ。

番組はどうなる?

壁にぶつかって相手が流血する怪我を負わせてしまったことで、A氏が出勤停止処分を受け自身が育てた「クレイジージャーニー」から異動することになったという。

実際に放送された番組の最後に流れるスタッフロールからも、今年の7月以降はA氏のが消えている。

また明日発売の週刊文春では、吉本興業とTBSとのやり取りに始まり昨年秋に起きた「クレイジージャーニー放送中止事件」とA氏との関りについても詳しく報じているようだ。


番組放送には影響がないと言われているが、今後の放送や報道に注目したい。

クレージージャーニーとは?

大人気となっているバラエティー番組「クレージージャーニー」は、世界を巡る狂気の旅人(クレイジージャーニー)をスタジオに招き、体験や番組スタッフと同行ロケを報じる番組。

ジャーナリスト・写真家・冒険家・作家・経営者などさまざまな職業の人物が番組で「クレイジージャーニー」として登場する。

2018年6月6日には「第44回放送文化基金賞番組部門・テレビエンターテインメント番組」の最優秀賞を受賞したことが発表されている。

クレージージャーニー 公式サイト