KARA元メンバーのク・ハラが自殺?意識不明で発見!理由とは?



本日2019年5月26日、韓国メディアから衝撃的なニュースが舞い込んできた。

韓国メディアによると、日本でも大人気となった女性アイドルグループ・KARAの元メンバーであるク・ハラ(28)が自殺を図ったというのだ。

ク・ハラといえば、ソンヒが脱退で公開オーディションに合格し、2008年発表曲の「Rock U」から同時期加入の知英とともにKARAのメンバーとして活動していた。

元KARAメンバーのク・ハラ

出典:ク・ハラ 公式ツイッター 画像

ク・ハラ(구하라/Koo HaRa)は1991年1月13日生まれ大韓民国で歌手、女優として活躍。KARAの元メンバー。

2008年、「Rock U」からKARAのメンバーとして活動。2015年6月12日、初のエッセイ集「Nail HARA」を発売。

2015年7月にはソロデビューを果たし1stミニアルバム「ALOHARA (Can You Feel It?)」をリリース。

2016年1月にDSPメディアとの専属契約が終了し、キーイーストと専属契約を締結していた。

ク・ハラが自宅で自殺?

韓国メディアによると、5月26日の未明に、ソウル市内の自宅で意識を失っているのをマネジャーに発見されという元KARAメンバーのク・ハラ。

発見後すぐに病院に運ばれたと報じられている。自殺を図ったと報じられているが、「命に別条はない」と韓国メディアは伝えている。

「少女時代」と共にK-POPの代表する女性グループKARAの一員として活躍し、NHK紅白歌合戦にも出場したク・ハラ。

自殺を図ったという報道にファンは動揺を隠せないでいるようだ。

理由とは?

韓国メディアの報道によると、元KARAメンバーのク・ハラは昨年2018年9月の出来事に原因があるという。

その出来事というのが、元交際相手とトラブルになる事件があったようだ。

事件を起こしたク・ハラの元交際相手は傷害、脅迫などの罪で在宅起訴されたという。

彼女はその事件・問題があったことを悩み、最近、うつ病を患っていたという。

命に別状はないというメディアの報道にファンも一安心の様子。元気な姿をテレビで見られる日を待ちたい。