注目キーワード

小室哲哉が乃木坂新曲で音楽業復帰!KEIKOとの離婚現在は

小室哲哉が、アイドルグループ乃木坂46の新曲「Route 246」(今月24日発売・配信限定)の作曲・編曲を手がけ、音楽業の復帰を果たすことが分かった。

乃木坂46への小室氏による楽曲提供は初で、作詞を手がける総合プロデューサー秋元康氏とは10年ぶりにタッグを組む。

小室氏は週刊文春による不倫報道を機に、2018年1月に音楽活動からの引退を表明していた。

小室哲哉の現在は?

小室哲哉の不倫が報じられたのは2018年。3回目の結婚であることや、妻であるKEIKOが2011年10月にクモ膜下出血で倒れ闘病中であることも、世間から小室への風当たりを強くする一因となった。

不倫報道後の2018年4月リリースのアイドルグループ、ラストアイドルの楽曲「風よ吹け!」の作詞・作曲・プロデュースを最後に一線を退いていた小室。

同学年の秋元氏や関係者からオファーを受け、2年3カ月ぶりの楽曲提供に至った。

「多いなる友情と才能を持った秋元康さん、同じく近しい知人に1年間背中を押され、今回悩みに悩んで作曲・編曲を手掛けさせていただきました」と小室は経緯を明かした。

かつて原田知世や郷ひろみらの楽曲でたびたびタッグを組んできた秋元氏と小室氏。秋元は、

「一度は引退した彼ですが、時々、会って食事をするたびに、音楽への熱い思いは消えていないことを知りました。いろいろな事情はあるのでしょうが、何とかもう1度、音楽に携わる機会を持ってほしいと思いました」

と今回のタッグをオファーするに至ったまでの経緯を明かした。また続けて、

「この人は本当に音楽がないと生きていけないのです。音楽にのめり込むとまわりが見えなくなってしまう不器用な人です。そのせいで多くの方に迷惑もかけたのでしょう。でも、小室哲哉はそれを音楽でしか返すことができないのです」

と小室氏のスキャンダルも含めてフォローした。

注目の復帰は乃木坂46新曲

出典:日刊スポーツ

「Route 246」はビートのきいたEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)系ナンバーで、「友情」がコンセプト。

完成までに7回書き直したという小室氏は、「友人(秋元康氏)の期待に応えたい一心で作りました。一貫した、らしさは表現されているのでは? と感じています」と話した。

同曲でセンターを務めることが発表された乃木坂46の齋藤飛鳥は、以前から小室氏のファンだと公言していた。

「小室さんが乃木坂46のために曲を作ってくださったことが何よりもうれしく、また楽曲も『小室さん感』があふれていて、個人的にも本当にうれしかったです。この楽曲の曲調と乃木坂46の組み合わせで、どう化学反応が起こるか楽しみです!」

とコメントし、小室氏からの楽曲提供を喜んだ。

「Route 246」の読み方は「ルート・ツー・フォーティシックス」。今月24日午前0時から、配信限定シングルとしてリリースされる。

22日深夜1時からニッポン放送「乃木坂46のオールナイトニッポン」で初オンエアし、24日テレビ朝日系「MUSIC STATION 3時間半スペシャル」でパフォーマンスを初披露する予定となっている。

KEIKOとの離婚のゆくえは

一方で今年頭、週刊文春は小室氏と妻であるKEIKOの離婚調停が始まったことを報じていた。

すでに3月上旬から、東京家裁で1回目の調停が始まっているということだ。

2018年1月18日発売号で小室と看護師A子さんとの不倫関係を報じたのも週刊文春だった。

引退会見を開いた当時の小室氏は離婚について問われ「そのような考えはない」「(妻の)目を見てしっかり話したい」などと答えていた。

だが、その後、小室は現在まで一度もKEIKOと会っていないという旨も報じられている。

何の説明もないまま放置されたKEIKOは、同年末頃から弁護士を立て、別居中の生活費を求める調停を申し立てた。

当初、小室側が提示した生活費は、わずか月8万円程度だったという。週刊文春の取材に対し、夫婦を知る音楽関係者が以下のように明かしたとのことだ。

「小室さんには著作権印税などで1億円近い収入があったにもかかわらず、税金や経費を差し引いた額は600万円台と主張した」

「小室側は根拠となる資料を提出したものの、8万円案は退けられた。最終的には今年1月下旬にKEIKOさん側の要求に近い額で決着したといいます」

「小室さんの主張はほぼ認められなかった。その後、小室さんが申し立てた離婚調停が始まりました」

週刊文春は小室氏がKEIKOとの離婚を急ぐ理由について、不倫相手であるA子さんの関係が今でも続いており、小室の自身4度目となる結婚をするのではないかという見方をしているようだ。

A子さんの父親は週刊文春の取材に対し、「私からは別れろとも言えないし、結婚しろとも言えない。小室さんは別れるにしても一緒になるにしてもきちんとして欲しい」と語ったということだ。

また、小室側の代理人弁護士は取材に対して次のように回答したという。

「調停に関する質問にはお答えしかねますが、小室氏から婚費として月額8万円を提示した事実はなく、従前より相当額を支払っていました。こちらが一方的に離婚を求めたという指摘も事実に反します。またA子さんとの不貞も再婚もないと聞いております」

事実は本人たちのみが知るところだが、今後に注目だ。