注目キーワード

こじるり(小島瑠璃子)TOKIO松岡と結婚したい!あざといテク

タレントでグラビアモデルの「こじるり」こと小島瑠璃子が、TOKIOの松岡昌宏と「結婚したいと思うかも」と発言し、注目が集まっている。

小島は先日も、自らのファンの1人に対して「結婚してもらってもいいですか」などと発言し、「あざとい」と話題になったばかり。

「何をしてもあざといと言われる」と本人は気にしていた様子だが、そのテクニックには見習うところがたくさんのようだ。

TOKIO松岡と結婚したい!

事の発端は、TOKIOのレギュラー番組であるバラエティー番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)での出来事。

松岡が明かした女性への対応が「完璧」と小島瑠璃子をはじめ、出演者から称賛された。

この日は、女性ゲストとして小島、元AKB48の板野友美、最近バラエティに引っ張りだこの丸山桂里奈が出演。

男性が勘違いする女性の紛らわしい行動を“好きアピール”か“好きアピールじゃない”かをそのゲスト3人が判定する企画が行われた。

すると松岡は、いくつも提示された女性の紛らわしい行動の中から「“ペットが死んじゃった”という報告をしてくる」を“好きアピール”と判断。

そして「申し訳ないけど人と喋りたくないんですよ、そんな時。喋りたくないし、辛くて辛くてどうしようもない。そうした時に報告してくるって、身内か好きな人じゃないとないよ」と女性の心理を分析した。

続けて松岡は、「ペットが死んじゃった」という報告を受けたらどう返すのかを問われ、「とりあえず行くわ」とサラッと回答。

この対応にゲストの女性陣は「え~」「ビックリ」「かっこいい!」と驚きの声をあげた。中でも小島は、

「松岡さんの対応が完璧すぎて…。好きな人に報告してそういう風にケアしてもらったら、結婚したいと思うかもしれない」

と、大大絶賛の様子。これにメンバーの国分太一が、「今それ言うと松岡、勘違いしちゃうから…」と振ると、松岡も「ちょっと落ち着かせて」とお茶を飲みながら笑っていた。

結婚へ焦り?ファンにもアピール

https://www.instagram.com/p/B_8zMLsHcyu/?utm_source=ig_web_copy_link

小島といえば、可愛い顔をして今やアラサーの域。結婚の二文字も頭をちらついているのかもしれない。

というのもファンの他愛ないツイートに対して、「結婚してもらってもいいですか」とコメントをして話題になったのだ。

事の流れは、自身のTwitterで得意の自炊写真などを披露してみせた小島。その際に、「料理は好きだけど後片付けが苦手」とツイート。

《こじるりちゃんのために、僕が後片付けします》《後片付けって億劫ですよね》などと優しいコメントがあふれた。

その中で、「あざとい」小島がさすがだったのは、《料理より後片付けが好きです》とリプライを送ったファンへ、

「結婚してもらっていいですか」

と引用ツイートする形でリプライを送ったのだ。この対応にはファンも大興奮。一度こういう例が生まれると、ファンは「もしかしたら自分も」と小島のSNSから離れられなくなるだろう。

いつもの「小悪魔的」なあざとさで、改めてファンの心をがっしりと掴んでみせた。

「もうあきらめた」

小島といえば、散々「あざとい」と言われることに対して、過去には気にする様子を見せていた。

「一生懸命仕事をしても『あざとい』と言われる。その答えを探さないと今後は生き残れない」

こう過去には語っていたものの、今年に入って考えに変化があったようだ。

「この時はヤケになっていたんですけど、半年後の私はあきらめてました。もう『あざとい』と言われてもしょうがないと思う」

「“言葉をすごく選んで、ちゃんとテレビで流せるように仕事しないと”と思ってることが、もしかしたらあざといのかもと思ったんですよ。そうだとしたら、たしかにやっているから、これは言われてもしょうがないな」

と、「あざとい」と言われる理由を自己分析。その上で、それと付き合っていく考えを固めたようだ。

しかし小島の思惑とは裏腹に、彼女が「あざとい」「小悪魔」と言われる影には同性からの評判の悪さも関わっている。

ひとつにはリアクションが大きすぎるという声。思い切り口を開けて笑う姿などが、「あまりにもわざとらしい」と女性からは低評価とのこと。

また、共演者とのスキンシップが多いことも指摘されており、男を惑わす発言と行動として取られ、「うざい」と思われているようだ。

芸能界からの小島の評価は?

世の女性からの悪評はなんのその、芸能界での評価はピカイチの小島。頭の回転が早く、コメント能力や場を回す能力にも定評がある。

芸能人ではヒロミや小堺一機など、司会級の彼らも「小島瑠璃子は末恐ろしい天才」「女子アナ並の仕切り力とコメント力」と大絶賛とのことだ。

また、どんなに過酷なスケジュールでも愚痴をこぼさず、下っ端のスタッフやすれ違っただけの記者にも愛想がいいとしても知られる。

世の女性からは「うざい」「あざとい」と思われているオーバーリアクションも、小島と共演する芸人などからすれば、小島のリアクションのおかげで楽しくトークができるとのことだ。

同年代でバラエティ番組などで立ち位置が近い指原莉乃も、小島瑠璃子の活躍には脱帽、感嘆のコメントを残している。

そのような評価もあり、実力はピカイチの小島。プライベートも充実させ、本人も熱望の結婚を果たしてさらなる飛躍をしてほしいものだ。