注目キーワード

電撃報告!昨年実は結婚していたaikoの旦那はファンの男性?

結婚をライブでファンに電撃報告した、シンガーソングライターのaiko。しかも最近結婚したのではなく、昨年のうちに実は結婚しており、それが今まで明るみに出てこなかったというのだから驚きだ。

老若男女をとわず、世代を超えて愛されてきた歌姫の結婚のニュースにSNSなど世間は大騒ぎとなったが、結婚相手がファンの男性なのでは?と話題になっている。

これまでの熱愛相手はというと、TOKIOの国分太一に星野源と、同じくアーティストたちが名を連ねていた。果たして、aikoが結婚した男性とは何者だろうか?多くの人の注目が集まっている。

ツアーファイナルで結婚報告!

シンガーソングライター・aikoのライブツアー「aiko Live Tour『Love Like Pop vol.22』」のファイナル公演が12月14日に東京・東京ガーデンシアターで開催された。

「aiko Live Tour『Love Like Pop vol.22』」は今年6月にスタートした全国ホールツアー。新型コロナウイルス感染拡大の影響により一部公演が延期となり、9月1日に開催される予定だった東京公演の振替公演がツアー最終日に実施されることとなった。

aikoのライブといえば、aikoが観客のリクエストに応えたテーマでの即興の弾き語りや、ファンとの会話、特徴的なコール&レスポンスなど、とにかく観客との距離の近さが評判だ。

定番の「男子! 女子! そうでない人!」というコールは、感染症対策のため無言で行われ、観客はそれぞれ“はたき”、“掃除機”、“窓ふき”の動きでaikoのコールに応えるという場面もあった。

盛り上がりの熱が冷め切らないまま本編が終了すると、いつも通りのTシャツ姿でアンコールに応えたaiko。ファンへの感謝を語り、近年の曲を中心に披露していった。

カーテンコールののちもダブルアンコールがあり、だめ押しとばかりに自身の代表曲ともなった「ボーイフレンド」を投下。アンコールにして、会場の熱気は最高潮となった。

ひとしきりパフォーマンスを続けたaikoは、観客からの拍手を一身に受けながらお立ち台にのぼり「ライブが終わってしまうのはすごく寂しい。だから、みんなと一緒にもっと楽しいことを分かち合いたいので、皆さんにご報告です! 結婚しました!」と突如として報告。

あまりに唐突な発表に、観客とバンドメンバーは驚きを隠せない様子で、会場はしばらくどよめきが続く。その後aikoは、「コロナでみんなと会話できるタイミングがなくなってしまって、言うタイミングを逸してしまい、今日になりました。去年結婚しました」と報告できなかった経緯を説明。

「心の底から結婚したいと思う人に出会うことができました。これからもたくさん恋愛の曲を書きます。よろしくお願いします」と宣言すると、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。

ファンの反応は祝福の嵐!

突如の結婚報告に、会場中が異様なまでの高揚感に包まれる中、aikoが「じゃあ、歌やります!」と高らかに宣言すると、なんとまだまだ続行。ファンの間では知られた楽曲「mix juice」の間奏では、aikoが「あ、結婚しました」とおどけて見せる場面も。

その後もaikoは複数曲を立て続けに披露し、最後の最後まで会場のボルテージを高め続ける。昔から愛される、ライブの定番である楽曲「be master of life」の途中では「これからもよろしくお願いします!」と目の前のファンに向けて挨拶した。

すべてのパフォーマンスを終えたaikoはいつも以上に大きな拍手を浴びながら、「みんなに言えて本当にうれしいです。やっと言えた。ファンの皆さんに最初に言いたかったので、今日言えて本当によかったです。これからも一生懸命がんばります。皆さんよろしくお願いします」と言葉を紡ぎ、会場中のファンから祝福を受け、ステージをあとにした。

ライブ終了後には、ステージ上のスクリーンにエンドロールが流れ、最後に表示された「HAPPY ENDING!!」というメッセージが徐々に「HAPPY WEDDING!!」へ変化していくという粋な演出も。それを見たファンたちは再びaikoへ惜しみない拍手を送り、公演終了後も拍手の音はしばらく鳴り止むことがなかった。

ライブ後aikoは、オフィシャルTwitterでも改めて結婚を報告。「結婚しました!去年しました!」と明かし、ライブで発表したことについて、「ファンの皆さんに最初に伝えることが出来て嬉しかったです。みんなありがとう」とコメントした。この投稿には6万をこえる「いいね」が寄せられている。

ネットニュースやSNSがaikoの結婚の話題であふれかえった。これまで多くのラブソングを世に送り出してきながらも、自身は結婚しない、というスタイルを貫くかと思われていたaiko。しばらく熱愛の報道もなかった、このタイミングでの結婚のニュースに、驚きと祝福の入り交じった反応となった。

多くの芸能人からも、祝福のツイートなどが見受けられた。かねておよりaikoのファンであることを公言し、ラジオでも共演していたKing Gnuの井口理は、「え、aikoさん結婚したの?うおおお!!!おめでとう!!!!」と驚きを隠せない様子。

そんな井口のツイートを見たaikoは、「これからもよろしくお願いします。またカブトムシ歌おうね」と返答した。2人は過去に、aikoの代表曲「カブトムシ」をラジオでデュエットしたことがある。

そのほかにもスガシカオ、山里亮太、元フィギュアスケート選手の織田信成などから祝福のメッセージが届いた。

有言実行?「ファンの人と結婚できたらいいな」

ここにきて掘り返されているのが、aikoの過去の発言だ。aikoは2年ほど前にラジオで、「あたし、ファンの人と結婚できたらいいなーと思ってて」と胸の内を明かしたことがあったのだ。

2019年6月6日に放送された「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」にゲスト出演した際のことだった。岡村とaikoが仲が良いのは以前から知られており、岡村の前でリラックスしていたからこそ出た発言だったのかもしれない。

このときのことを思い出したファンも多かったらしく、ツイッターなどでは、「熱愛の噂もしばらくなかったし、aiko本当にファンと結婚したのかも」「芸能人はもうこりごりだったのかな」など、憶測を呼ぶこととなった。

現在わかっている情報は、一般人男性ということくらいだ。aikoは、これからも今までどおりに恋愛の曲をたくさん作っていくと宣言している。

ちなみに、昨年10月にも「オールナイトニッポン」で、岡村が一般女性との結婚を発表した際にゲストとして同席。「行ってらっしゃいのチューは?」「デートする?」と記者ばりに質問し、「夢見てるみたい」「いいなって思う」と結婚への思いを語っていたが、自身も実はこの年のうちに最愛の伴侶と結ばれていた。