狩野英孝が女子高生淫行謹慎から仕事復帰!初仕事に手や足が震えありがとうのコメント

 

狩野英孝が女子高生淫行で謹慎処分から仕事復帰初仕事

2017年1月26日に発売された週刊文春が報じた女子高生と淫行疑惑で芸能活動謹慎となっていた狩野英孝が(35)が10日に謹慎解除後初仕事を行い、自身のTwitterに謹慎解除後初仕事についてコメントを載せた。

今月1日付けで芸能活動謹慎処分から解除された狩野英孝は、初仕事として所属事務所であるマセキ芸能社のライブに出演した。マセキ芸能社のライブ公式Twitterでは、女子高生と淫行疑惑で芸能活動謹慎後の初仕事となった10日の夜に

「謹慎解除後の初仕事でした。とても緊張していたみたいです。一生懸命頑張ってくれましたよ」

と、ライブを行う狩野英孝の現在の画像を添付し活躍を報告した。

マセキ芸能社 ライブ公式Twitter

狩野英孝が女子高生淫行謹慎後初仕事に手や足が震えありがとうのコメント

出典:狩野英孝 公式twitter 画像

10日に所属事務所であるマセキ芸能社のライブで謹慎解除後初の仕事を行った狩野英孝は11日の朝に自身のTwitterを更新し、謹慎解除後初の仕事となったマセキ芸能社のライブについてコメントをツイートした。

「久々の舞台、ネタ、めちゃくちゃ緊張したけど、楽しかったです。手や足の震えがお客さんにバレなれないように、必死に抑えてました。やっぱり、出て思ったけど、現役でネタをやってる芸人凄いな。盛り上げていただいたお客さん、帝国のみんな本当にありがとう。楽しめてもらえて楽しかった」

と、手や足の震えをバレないように必死に抑えてネタを披露したと振り返り、感謝の気持ちをツイートした。今回の初仕事を期に、またたくさんのバラエティー番組で活躍する姿を楽しみに待ちたい。

狩野英孝の謹慎処分となった『女』問題の数々

狩野英孝は、2007年から5年間の交際を実らせ、2012年2月22日にロンハーで公開プロポーズを行い「アツコさん」と結婚。「アツコさん」は3歳年上で合コンで知り合ったらしくずっと同棲生活を続けていた。よく着ていた白スーツは、この「アツコさん」に買ってもらったものだという。

入籍して6日後に濱松恵との不倫が発覚。その後、不倫が原因で2014年9月に離婚。2015年6月から交際を始めていた川本真琴は、当時他の女とも関係を持っていたと見られる狩野英孝の浮気の中での交際だったといわれている。

12月には加藤紗里と交際。しかし、川本真琴との交際は切れていないままで、Twitterで狩野英孝をめぐってトラブルになった。

2016年5月には狩野英孝からダイレクトメールを送り、食事に誘うようになり交際が始まったとされる元地下アイドルユニット「赤血球」のメンバーで、この時点で17歳の女子高生である飛沫真鈴と半同棲状態で交際を続けていた。

この事や他にも表に出ていない交際・浮気が原因となり、狩野英孝は芸能活動謹慎処分となった。