注目キーワード

神田沙也加の不倫ドロ沼離婚に続報!元ジャニーズJrがヒモ化

2019年12月に俳優・村田充(むらた みつ)との離婚を発表した、松田聖子の娘で女優・歌手の神田沙也加。

後日報道された元ジャニーズJr.秋山大河との交際開始時期が婚姻期間と被っていたことから、神田沙也加の不倫を理由とした離婚だったことが騒がれたが、その後日談が今話題となっている。

「円満」見せかけ不倫でドロ沼離婚か

神田沙也加は2016年夏に俳優村田充と舞台で共演。同年の秋頃から交際をスタートさせた。翌年の4月には結婚を発表し、5月にハワイで挙式、良好な夫婦関係を築いていったとされる。

しかし2019年の12月には、同年夏に円満に離婚が成立していたことをお互いのブログで電撃発表。この時点では原因は明らかとなっていなかった。

この発表直後に週刊誌の『女性セブン』が神田沙也加とジャニーズJr.の秋山大河(当時『MADE』所属)との夏からの交際の事実を報じた。

きっかけは舞台『SHOW BOY』での共演だという。

その後も2人のプライベート写真が流出したり、マンションお泊まりの様子、同棲開始が報じられたりなど、村田充との離婚の原因がこの不倫によるものだった可能性が高くなった。

出典:東宝演劇部公式Twitter
神田の右、金髪の青年が秋山

「秋山大河さんとは日頃から仲良くさせていただいております」

と、神田の所属事務所も交際の事実を明言はしなかったものの、親密な関係にあることを半ば認めるコメントを残した。

週刊誌に嗅ぎつけられたことを察知して、遅ればせにブログで離婚発表をしたのだろうが、騒動の火消しにはならなかった。

不倫の代償はジャニーズ解雇!

神田沙也加との不倫報道後には、ジャニーズ事務所からの厳しい「処分」と見られるお咎めを食らった秋山大河。

秋山の所属していたグループ『MADE』は2020年1月に突然の解散、そして秋山のみがジャニーズ事務所を退所することとなった。秋山を除くメンバーは引き続きジャニーズ事務所でソロ活動をしている。

秋山が実質「クビ」となったことに対する事務所からの説明はなかったが、不倫騒動の代償であったことは明白だろう。

ジャニーズ退所後は「振り付け師を目指す」と語ったというが、今のところその様子はない。先日秋山が行ったライブ配信サービスでは、自身のジャニーズ退所の理由を

「胸の痛み、心臓系の病気のため」

と説明したという。この話がどこまで本当かは定かではないが、心臓系の病気を抱えているともなれば、振り付け師としての活動にも難が出ると考えるのが自然だろう。

交際順調も「ヒモ」状態、今後に不安

前述のように、「振り付け師を目指す」と口にしたものの今のところ活動の様子はない秋山。

一方の神田沙也加はというと、

「秋山にエプロンを買ってもらった、女子力を磨く」

と友人に対してノロけてみせたり、ライブ配信サービスでも

「ダーリンが~」

と秋山の存在を匂わせているという。不倫騒動後であっても動じる様子なく、幸せ絶頂の雰囲気であるというから驚きだ。

今後もエンターテインメントに関わっていきたいが動き出せずにいる秋山が、実質神田の「ヒモ」状態であるという見方が主流のようだ。

だが不安なのは、神田の自由奔放な恋愛スタイル。

前夫・村田との交際のきっかけも、秋山との交際のきっかけも舞台での共演。過去にも、仕事で関わった俳優やギタリストの数々と交際し、浮き名を流してきた。

彼氏がいても臆することなく、共演相手とべったりスキンシップをとって関係を深めていくのが神田沙也加スタイル。

また次の共演相手と関係を結んだ結果、不倫騒動の代償としてヒモ化した秋山が捨てられるということがあっては非常に気の毒だ。