注目キーワード

石原さとみの共演NGは上野樹里・北川景子!山下智久との熱愛で

秋元康が原案のドラマ「共演NG」(テレビ東京)はすでに結末を迎えたが、芸能界に実際に存在する共演NGは今も当然日々生まれ続けている。

そんな中、女優の石原さとみの共演NGは上野樹里だという情報が飛び込んできた。あわせて、北川景子も共演NGだという。

本記事では、この2ペアが共演NGになった経緯や理由などを追っていく。

石原さとみは共演NGが多い?

このほど新型コロナウイルスへの感染が明らかになった、女優の石原さとみ。

主演ドラマの情報告知を控えていたことを理由に、コロナ感染の事実を隠蔽していたことなどによって、一部から批判も食らってしまった。

そんな批判を食らってまで守ろうとした、綾野剛とのW主演ドラマ「恋はDeepに」が大ヒットし、その努力が実を結ばれることが待たれる日々だ。

恋はDeepに(日本テレビ系)公式サイト

さてそんな石原さとみだが、実は共演NGが多いと噂される。なんでも石原が気に入らない相手はすぐに共演NGリストに入れられてしまうとかで、直近で話題となっているのは、タイトルにも挙げたように女優の上野樹里と北川景子だ。

長年のライバル・上野樹里!

同い年の2人。元はといえば、上野樹里にとって石原さとみは「因縁の相手」だった。

石原と上野はこの年代を代表する名女優でありながら、この17年間に渡って一度も共演していない。

最初で最後の共演作は、2人の出世作でもあるNHK連続テレビ小説「てるてる家族」(2003年)。

2人は同い年だが、芸能界デビューは上野のほうが早く、芸能界では先輩だ。ところが2000人以上が参加したという、「てるてる家族」の主役をめぐるオーディションで主演に選ばれたのは石原で、上野はその姉役。

最終選考で選ばれたのが石原。ただし、上野を手放してしまうのは惜しいと考えたNHKが急きょ姉役での起用を決めたという経緯がある。

主演を勝ち取ったのこそ石原だったが、収録現場では上野も負けてはいなかった。

同ドラマで父親役を演じた岸谷五朗をうならせる演技をし、その才能に岸谷が惚れ込んだことがきっかけとなって、今では上野は岸谷と同じ事務所に所属している。

2人とも演技の評価は高く、ライバル意識に燃えるようになり、休憩時間に話すことなども一切なかったという。

天才・上野樹里と優等生・石原さとみ

2003年には石原さとみが映画「わたしのグランパ」で事実上の主役を演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞を得ていた。

この時点では石原が一歩前に出ていたかに思われたが、石原の受賞から1年遅れて、上野が2004年に主演映画「スウィングガールズ」で同賞を獲得した。

演技のタイプや性格が真反対なのも、この2人が相容れない理由の1つだろうか。

石原さとみは演技にしても人生への考え方にしても、理路整然とし、計画性の高い、いわゆる「優等生」タイプだ。

対する上野樹里は、完全に「天才」タイプだという。役に入り込む姿はあたかも「憑依」しているかのようで、アドリブも多い。

同タイトルの漫画を原作としたフジテレビ系「のだめカンタービレ」(2006年)の主演で役に成りきり、観る側の度肝を抜いたのは記憶に新しいだろう。

以降2人はそれぞれ第一線を走り続けているが、現段階では上野が一歩リードしているかのように見受けられる。

最近の石原は作品に恵まれないようだ。日本テレビ「高嶺の花」(2018年)以降、主演した連ドラは3作連続で全話平均世帯視聴率が1桁どまり。それだけに、今年のドラマ「恋はDeepに」での完全復活が期待される。

一方の上野はというと、「監察医 朝顔」(フジテレビ系)が好調。昨年11月の放送開始からの全話平均世帯視聴率は優に10%を超えている。もともと高かった上野への評価も、より増して高まっているようだ。

石原に関して言えば、結婚で男性ファンが離れてしまったことも、ドラマの視聴率の低迷を助長しそうだ。

石原と同じくプライベートでは結婚をした上野だが、石原と違い、男性ファンが命というわけでもない。

男女どちらからも愛される容姿と、その高い演技力でものを言わせてきたタイプだ。結婚でファンが離れたということはあまりないのではないだろうか。

今後も2人のライバル関係は続いていくことだろう。

北川景子とも共演NG!山下智久が原因

そしてもう1人、北川景子も石原さとみと共演NGとされているという。その原因は、芸能界にあるさまざまな共演NGの例に漏れず、異性関係だ。

どうも2人の間には、山下智久がらみの遺恨があるようだ。

ともに山下とは共演の過去があるが、北川は2009年に山下とのデート報道が、石原は2017年に山下との“半同棲疑惑”が報じられている。

山下と北川の交際が発覚したのは、2009年秋のこと。同年にはドラマ「ブザービート」で恋人役として共演し、ジャニーズでは御法度とされる濃厚なキスシーンも披露したことで話題となった。

このとき、恋人つなぎでしっかり手を繋いでデートしているところを、「フライデー」に激写されたことで交際が発覚した2人。

また、翌年には京都旅行も目撃された。また、北川景子の母と3人で歩いているところを目撃されたこともあり、親公認の仲ということで「結婚秒読み」と囁かれたが、破局に至ってしまった。

しかし、破局後に復縁したとの噂もある。なぜなら、通常破局したカップルはドラマなどで共演しないのが基本だが、この2人は破局報道のあともドラマ「独身貴族」で共演を果たしているからだ。

これには2人が復縁したという噂もあれば、破局したあとも良好な友人関係を築いていたという説もある。

石原さとみが北川景子に嫉妬か

その後、山下が彼女に選んだのは石原さとみ。2017年には半同棲状態であることが報じられた。

山下と交際していた際、石原は山下の元カノである北川景子に嫉妬心むき出しだったという噂も。

2016年、石原さとみはドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)で主演を果たしていたが、同時期に北川景子も「家売るオンナ」(同)で主演を張っていた。

その時の石原は、『北川さんには負けません』とライバル宣言をし、女優としても女としてもライバル心をむき出しで意地を見せたという。

現在はふたりとも既婚者となり、この不仲説は解消されているかもしれない。