注目キーワード

石田純一、コロナ後の東尾理子激怒で離婚報道を否定

元プロゴルファーの東尾理子の夫でタレントの石田純一が、新型コロナウイルス感染が疑われる状態で沖縄を行き来し、世間からバッシングを受けたのは記憶に新しい。

しかしコロナから回復後も反省の色を見せず、マスクなしで外出し、酩酊するなどして、東尾理子は激怒してきたと各種メディアが報じてきた。

そんな中で、東尾理子が石田との離婚一直線だという報道が新たに出たが、石田はこれを否定しているという。

沖縄で美女とゴルフ三昧

出典:東尾理子公式ブログ

石田が批判を受けたのは、今年4月のことだった。4月半ばに彼の新型コロナウイルス感染が発表されたのだが、その直前には沖縄でゴルフをプレーしていた。

また、体調不良を感じてからも、通常にホテルの施設を使い、飛行機で他の乗客と空間を共にした上で、東京に戻ったのだった。

また、自身の経営する冷麺屋で、女性と談笑していた姿も確認されているという。この女性が相手かどうかは定かではないが、一部週刊誌は沖縄で妻の目の届かないところで不倫をしている可能性も示唆した。

激怒されても女性お持ち帰り

東尾理子は、今回の感染前後の行動やその後の石田の対応に関して、怒り心頭の様子。東尾の激怒の様子を石田は、

「全部の考え方とか、行動が私には全然合わない、価値観が合わない、くらいに言われました。それこそ離婚じゃないですけど、そういうところまでいきました」

と、テレビでコメントしていたが、それで反省し自粛する様子はない。

それどころか、今度は福岡でゴルフと宴会に明け暮れ、25歳美女を宿泊先の部屋へ“お持ち帰り”していたというのだから開いた口がふさがらない。

懲りずに飲み会で大騒ぎ

「週刊女性」によると、石田の福岡訪問は7月18日から4泊5日。

石田に仕事を斡旋している代理店業の男性の仲介で、佐賀県にある整骨院と宣伝広告物をつくるための打ち合わせのためであったという。

ところがコロナ禍の時勢を鑑みて、先方が打ち合わせをキャンセルすると、それならばと石田は懇意にしているパワーストーン販売会社社長の大豪邸へ向かった。

そこで男女の集団でシャンパンを一気飲みするなど大騒ぎ。お持ち帰りした美女とはここで同席し、石田が“ロックオン”したのだそうだ。

今回も、感染時に大バッシングを受けたゴルフをプレーしている上に、同席していた男性が後日39度の高熱を出したという。

石田の二度目の感染とはならなかったようだが、それでも東尾理子の心中を察すれば思わず同情してしまう。

当の石田は福岡旅行の理由について、

「スポンサーさんに誘われたら、ゴルフでも、3密と言われている食事会でも、そりゃ行くでしょ。北海道でも、福岡でも。それが僕の結論です。それを叩かれたって大いにけっこう」

とコメントしているという。世間一般の感覚からは離れているという他ない。

理子激怒で離婚寸前は本当か?

石田はコロナから退院後、「外に出るな」という理子の制止を無視して外出、マスクなしで酩酊する姿が週刊誌に報じられた。

それに理子は激怒し、離婚寸前までいったと報じられている。それでも行動を改めず、飛行機に乗って酒と女とゴルフ三昧では、さすがに愛想を尽かしても不思議ではない。

緊急事態宣言下に石田が沖縄でゴルフをし、感染が発覚した際に、『お詫び』と題したブログを投稿し、『都外へ出ようとする主人を説得、止めきれなかった事を深く後悔し、反省しております』と書いて以降、東尾理子は一切のSNS更新がない。

そのため彼女の胸中はなかなか推し量れないが、離婚という二文字が頭をよぎっていても全く不思議ではないだろう。

取材対応で「事実と違う」

そんな離婚報道でさまざまな憶測が飛び交う中、石田純一が報道陣の取材に応じたという。

先述の福岡での飲み会参加や不倫疑惑(女性のお持ち帰り)については、「事実と違うことだらけ」と怒りの様子を見せたようだ。

また妻である東尾理子との関係については、「別に何も・・・」と、離婚に向かっているわけではないことを示唆した。

あわせて自身が出演するラジオでも、「報道は事実と違うことだらけ」と語気を強めたという。一方で、他県への移動を伴う仕事については、

「芸能人としての営業は生命線。しっかりやりたい。批判は受け止めます」

と今後も県をまたいでの移動を継続する意向を示唆した。