注目キーワード

広瀬すず芸能界でぼっち疑惑!激怒で共演NGは橋本環奈と浜辺美波?

人気女優の広瀬すずにとって、不愉快な事態が続出しているようだ。まず、究極のライバルであり、かつては不仲説や共演NG説も囁かれたことがある橋本環奈に対して、改めて「環奈ちゃんとは二度と共演しない」と憤慨しているという。

怒りの矛先は橋本環奈だけではなく、橋本環奈と交流のある同世代女優にも向いているようだ。それらの噂の陰で、広瀬すずの〝芸能界ぼっち説〟も浮上しているというから、穏やかではない。

ドラマ「ネメシス」が振るわず

出典:週刊実話WEB

現在、広瀬すずと橋本環奈の2人はドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)で共演しているが、視聴率は全く振るわない。このままなら一桁フィニッシュの惨敗確実だ。

『ネメシス』は広瀬すずと嵐・櫻井翔のダブル主演。いくら人気者2人がダブル主演を務めていたとしても、「面白くないものは面白くない」と酷評が相次いでしまっているようだ。

ドラマの内容は、「探偵事務所ネメシス」の超ポンコツ探偵・風真尚希(櫻井翔)を、天才過ぎる助手・美神アンナ(広瀬)が裏からフォローし、事件を解決に導くというもの。

「櫻井演じる探偵のポンコツぶりがひどく、こんな人間が探偵をやれるはずがないというレベル。コメディーでも、ここまでリアリティーがないと失敗するという見本です」(他局のドラマスタッフ)

視聴率はというと、広瀬すずと櫻井翔のダブル主演という呼び声もあってか、初回だけ11.4%と二桁を記録したが、第2話9.5%以降は右肩下がり。第8話までの平均視聴率が8.6%という惨憺たる結果だ。

また、広瀬すずが今回のドラマで披露したボブパーマという髪型も不評だった。「ラーメンみたい」「センスない」と叩かれてしまい、自分でスタイリングをしているわけではないだろうに、記憶に残る苦い作品となってしまったことだろう。

橋本環奈とは犬猿の仲に?

『ネメシス』第3話からは、広瀬すずのライバル役として橋本環奈も登場。橋本は、頭脳明晰な理系大学生・四葉朋美を演じており、登場直後は、かつては「共演NG」も囁かれた若手トップ女優同士の共演として話題となった。

「ドラマのオフショットでは、すずと環奈が『撮影の合間はいつも一緒』などと会話していますが、本当は仲が悪い。もともと〝共演NG〟だったというウワサもあるほどです」(日テレ関係者)

2人は同学年で、常に主役級を張れる童顔美少女というキャラも被っている。このため、ネット記事などでは常に比べられ、2人を「ライバル」として見る芸能関係者も多かったのだが、その2人の初の共演となったのが今回の『ネメシス』だった。

しかし、上述したとおり、視聴率は振るわなかった。当然、脚本などの問題もあろうが、世間は「主役がよくなかった」と評価することもままある。一方で、ライバルの橋本環奈は準主役で出演しているために、視聴率の責任は彼女にはのしかからない。

さらに言えば環奈は、映画版ではすずに代わって主役になる。今回のドラマは主演ではないので、視聴率が悪くても責任を問われることはない気楽な立場な上に、仮に映画がヒットすればすずの立場はなくなってしまうだろう。

あろうことか、芸能関係者の間では、「(主演が)すずじゃなくて、環奈なら当たってた」と、残酷な声まで出たという。これにはすずも悔しさのあまり、「環奈ちゃん、嫌い。二度と共演しない」と涙したそうだ。

浜辺美波や福原遥からも追撃…

そんなわけで広瀬すずの中では複雑な感情が生まれているところに、橋本環奈と同年代の女優たちとの交友関係も、すずの腹の虫を治まらなくさせているようだ。今年8月15日に、トーク番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、人気女優の浜辺美波が「年齢が近い環奈さんとは仲がいい」と発言。

これにすずは、「環奈ちゃんは大嫌い。浜辺は超大嫌い」と激怒したそうだ。「週刊実話」が芸能ライターの言葉としてこのように書いている。しかも、同月21日には、歌手で女優の上白石萌音(かみしらいし もね)が、自身のインスタグラムで橋本、浜辺とのスリーショットを公開。

「みーちゃんとは同期で、環奈ちゃんとは舞台『千と千尋の神隠し』で大挑戦を共にします。年下ながら頼もしいおふたり、素敵です」と2人のことを絶賛する様子を見せた。

この上白石萌音のインスタ投稿に、広瀬すずが即反応を示した。そのコメントは、『かわいい御三方。。』というもの。本心からか、同年代女優は仲良くベタベタしているのに、自分がその輪の中に入っていない、という不愉快な気持ちも込めてか。

広瀬すずがこの投稿にコメントした話は、スポーツ紙などにも掲載されたほどだった。どうやら芸能関係者は、すずが橋本環奈、浜辺美波に異様に敏感な反応を示すことに注目しているようだ。言ってしまえば、広瀬すずは「橋本環奈アレルギー」のようなものかもしれない。

かねてより週刊誌やネット記事で比べられ続け、そのたびに「橋本環奈は良い子。広瀬すずは生意気」と意味も無く叩かれる上に、視聴率でまでうんぬん言われれば、そうなるのも無理はない。

また、広瀬すずが憧れている先輩女優の長澤まさみに橋本環奈が気に入られている、という事実も、広瀬すずの中にとっては良い話しではないだろう。あわせて、浜辺美波も、長澤まさみが主催する女子会のメンバーだというので、広瀬すずにとっては彼女らを嫌う理由は山ほどある。

追い打ちをかけたのが、女優の福原遥だ。福原は、橋本環奈主演の現在公開中の映画『かぐや様は告らせたいファイナル』に出演している。8月21日、自身のインスタグラムで橋本との仲良しショットを公開し、「ついつい甘えたくなっちゃう #橋本環奈ちゃん」と褒めちぎった。

自分がライバル視して毛嫌いしている橋本環奈に、若手女優みんなが近づきたがっているような状況。これを広瀬すずが面白く思わないのは当然といえば当然だろう。この状況に、「広瀬すずが芸能界でぼっち」と揶揄する週刊誌などもあるほどだ。

ライバル同士、仲良くするのもしないのも自由。ただ、あまりに周囲を意識しすぎて自分を見失わないように、自分のやり方で輝いてほしいものだ。