千鳥ノブが朝ドラ「なつぞら」初出演!演技が下手すぎてNGの末に裏設定



2019年4月1日から放送を開始したNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)で通称朝ドラが話題となっている。

NHK連続テレビ小説記念すべき100回目の作品となる「なつぞら」。色々と注目が集まっている中、大人気お笑いコンビ千鳥・ノブ(39)が初出演することが6日に分かった。

初出演となるNHK連続テレビ小説でどんな演技をするのか注目が集まっている。

千鳥・ノブNHK連続テレビ小説「なつぞら」で朝ドラデビュー

千鳥・ノブが番組マスコット「カネオくん」の声を担当しているNHKのバラエティー番組「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」(土曜20・15)で朝ドラデビューすることが発表された。

NHK連続テレビ小説「なつぞら」でノブが演じる役は、広瀬すず演じるヒロインの奥原なつが進む農業高校の教師役だ。

「お笑い芸人がドラマに出る時の一番嫌な出方だったね」

と、朝ドラデビューを番組でMCの有吉弘行(44)からいじられたノブは、

「本当にドラマとか無理なのに、朝ドラはもう親が喜ぶんじゃあ。それでお受けさせていただいたんですが。 」

と出演についてコメントし笑いを誘った。

注目の演技は?

朝ドラ初出演で千鳥・ノブの演技に注目が集まっているなか、

「先に言っておきます。ちょっとだけ作品を壊しています。下手です。北海道弁も何回も練習したんですが、結局NGも出して、できなくて、監督さんが寄ってきて『もうノブさんは(実際の出身の)岡山から赴任してきたという裏設定を付けますので。そのままでいてください』と。朝ドラの裏設定、変えました。下手すぎて」

と、北海道弁の演技が下手過ぎて設定を変えられるたという自虐で笑いを誘った。

この日の番組は「朝ドラ舞台裏に潜入&広瀬すずの疑問大調査」というテーマで話が進められていた。

ヒロインを演じる広瀬すずからコメントが

出典:なつぞら 公式ツイッター 画像

NHK「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」にVTR出演した広瀬すずは、千鳥・ノブの朝ドラ初出演について、

「ものすごくナチュラルで、アドリブもなさっていて。セリフがないシーンだったのに、監督に『クセが強い』と(台本に)書かれていて(笑)。それを、ご自分のトークの中で実際に『クセが強い』と入れてくださって。私たちは笑いをこらえるのに必死で、すごいサービス精神だと思いました」

と、NHK連続テレビ小説「なつぞら」撮影現場の様子を語った。ノブが出演するのは放送第3週の4月15~20日となっている。

NHK連続テレビ小説「なつぞら」

NHK連続テレビ小説「なつぞら」は、2019年度前期放送のNHK「連続テレビ小説」第100作目の作品。2019年4月1日から9月28日まで放送予定となっている。

昭和12年東京に生まれ、両親を戦争で失い父の戦友に養女として引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつ。

北海道・十勝で広大な大自然と開拓者精神溢れる強く優しい大人たちに囲まれてたくましく成長していく姿が描かれている。

NHK連続テレビ小説「なつぞら」