注目キーワード

篠原涼子「金魚妻」予告動画アクセス殺到!ディープキス胸揉みシーン

女優・篠原涼子が主演するNetflixオリジナルドラマ「金魚妻」(2022年配信予定)の、新キャストと予告映像が解禁された。同ドラマには、篠原以外にも有名俳優が多数出演することがわかった。

「金魚妻」は、黒澤R原作の同名人気漫画を原作とした禁断の不貞愛を描くシリーズだ。ネットサーフィンをしている際にWEB広告などとして漫画の絵が出てきたのを目にしたことがある方も多いのではないだろうか。

そんな「金魚妻」のNetflixオリジナルドラマバージョンでは、篠原涼子が不倫に溺れる人妻の役を演じる。今回解禁された予告動画では、そんな篠原のラブシーンに注目が集まり、さっそくアクセスが殺到しているようだ。

篠原涼子の相手役は三代目JSBの岩田

2022年にNetflixで配信予定の「金魚妻」(きんぎょづま)は、同名の人気漫画を原作とした禁断の不貞愛を描く配信ドラマだ。篠原涼子が主演を務めることはすでにアナウンスされていたが、今回、新たなキャストが発表された。

篠原演じる妻・さくらは、下町に隣接する高層タワーマンションの最上階で暮らす主婦。そんなさくらを愛していたがいつしか支配するようになり、DVを働くようになった夫役を安藤政信が演じるという。

そして、傷ついたさくらを優しく受け入れるイケメン男性・春斗役をEXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が演じることがわかった。ティザー画像も、篠原涼子が水槽越しに岩田と見つめ合うという絵面になっている。

出典:Netflix公式サイト

その他にも、夫でありポルノグラフィティのギター・新藤晴一との別居が先日報じられたばかりの長谷川京子や、松本若菜、中村静香、瀬戸さおり、石井杏奈ら人気女優たちもキャストに名を連ねた。

原作とはストーリーが違う?ファンからは疑問

原作をすでに読んだ方はお気づきかも知れないが、ストーリーやキャラ設定に若干の違いがあるようだ。黒澤Rの原作「金魚妻」では、主人公のさくらは専業主婦で、自由を奪われているような設定だった。

夫から殴られたりはしていないものの、どちらかというと無視され、ないがしろにされているような印象を受けた主人公。それが、ドラマ版では確かなDVやモラハラを受けているのに加え、「夫はビジネスパートナーだから離れられない」といった設定もついていた。

また、漫画版では、主人公は20代そこそこの若い人妻で、金魚屋のしがない中年店主と恋におちるという設定だったのに対し、Netflixのドラマ版では女性側が年上で、不倫相手が年下イケメン男性という設定に。

これらの違いにも、原作のファンからは「まるで違う作品」「キャストありき?」「不倫相手が若くてイケメンじゃないと人気でないのかな」「原作とそこまで変えなくてもいいのに」といった戸惑いの声も上がっているようだ。

一方で、「篠原涼子は年下男性と共演してこそ映える」といった意見も。過去にもドラマ「anego」(日本テレビ系)での赤西仁との共演や、映画化もされた人気ドラマ「アンフェア」(フジテレビ系)での瑛太(現・永山瑛太)との共演などが印象に残っている人も多いようだ。

漫画原作者の黒澤Rは、「金魚妻」の映像化について、「お二人の名前が最初に挙がった時はまさかと驚きました。今でも現実感がわきません。ドラマ制作は全てお任せする事にしましたので、ここでは私も一視聴者。多くの方と一緒に楽しめたら嬉しいです」と期待を寄せている。原作とは違うものと割り切って観てみてもよさそうだ。

予告動画にアクセス殺到!キスシーンや胸を揉まれるシーンも

今回、新キャストおよびティザー画像とともに予告動画も公開されたのだが、そちらにアクセスが殺到しているとのことで話題となっている。タイトルにもあるように、篠原涼子のラブシーンを目当てとしている人が多いようだ。

「金魚妻」が篠原涼子主演でドラマ化されると発覚した時点から、芸能関係者や各メディアの中では、「テレビでは放送できないような過激なシーンで篠原が脱ぐのでは」と期待されている節があった。

なにせ、この原作漫画のキャッチコピーは「妻たちは、なぜ一線を超えたのか。」であり、様々な事情と想いを抱える女性たちの禁断の不倫愛を題材にしているからだ。人妻の不倫を題材にしたオムニバス形式の読み切りシリーズがNetflixで映像化されるとのことで、地上波では見ることのできないほどのラブシーンに期待が高まっていた。

そして今回公開された予告動画は、まさにそんな各方面からの期待に応えるものであったようだ。各出演者たちの濃密なラブシーンが随所に挿入されているのだが、その中でもやはり篠原と岩田の絡みが印象的で“刺激的すぎる”とネットで話題に。

最後のラブシーンにて2人はディープなキスをしつつ、岩田が篠原のバストを揉む場面も。着衣ではあるものの、触っているふりの演技ではなく確実に手が触れていることからも、この過激な描写に「艶すぎてヤバイ!」「指がめり込んでる…」「電車の中では見れない過激すぎる予告!」と注目を集めているようだ。

公開後、瞬く間に10万再生を突破した「金魚妻」の衝撃予告。あわせて、篠原涼子にとどまらず、今回追加キャストとして発表された長谷川京子などの濃密なラブシーンが見られる可能性もあるということで、さらに注目が集まることとなった。来年、Netflixにて本編が公開されれば、さらなる話題を呼ぶことは間違いないだろう。