スポンサーリンク

木南晴夏が相葉雅紀主演のドラマ『貴族探偵』謎の貴族にときめく社長令嬢役に抜擢!

女優・木南晴夏が4月17日からスタートするフジテレビ系ドラマ『貴族探偵』(毎週月曜 後9:00)に出演することが発表された。

ドラマ『貴族探偵』に出演する木南晴夏は、主演の相葉雅紀が演じる探偵を趣味としている謎に包まれた貴族にときめく社長令嬢・玉村依子役で出演する。

30周年を迎える月9枠で放送されるドラマ『貴族探偵』は、麻耶雄嵩氏の推理小説と続編『貴族探偵対女探偵』が原作となっている。推理を「雑事」と召使いに任せながら優雅に謎を解く貴族探偵の活躍を描く。

出典:twitter画像

木南晴夏が出演することが発表されたドラマ『貴族探偵』あらすじ
年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明で己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年が主人公。言動は紳士的でレディーファーストを心がけ、一方で貴族であるという自覚を強く持ち、権威に頓着することがなく常に泰然と振る舞っている。

事件に出会った際には警察の上層部に働きかけ、現場を指揮する鼻形雷雨という刑事もしぶしぶ認める形で、事件解決に関わっていく。

しかし、推理をするのは貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年が主人公を取り巻く召使たち。

「推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ」

と言い放ち、事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じている貴族にあっけにとられる周囲を尻目に、主人公の貴族へ忠誠心を持つ執事・メイド・運転手の3人が現場分析、証拠集めなど捜査。

貴族たちと競う形で謎に向き合うのが探偵の高徳愛香。喜多見切子という女性探偵を師匠と仰ぎ、彼女に憧れて探偵になった愛香は駆け出しの新米ながら、探偵という職業に人一倍の誇りと信念を持っている。

ドラマ『貴族探偵』のキャスト

貴族探偵(相葉雅紀)
年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明で己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年。物語では「貴族」「主」「御前」という呼び名で登場。

高徳愛香(武井咲)
破天荒な貴族たちと偶然に、かつ頻繁に同じ事件に居合わせ、貴族たちと競う形で謎に向き合うのが探偵の高徳愛香。

鼻形雷雨(生瀬勝久)
貴族よりも先に謎を解くという利害が一致し、愛香と行動を共にするドラマオリジナルの刑事・鼻形。

喜多見切子(井川遥)
愛香が「師匠」と仰ぐ女探偵・喜多見切子で、愛香に探偵のいろはを教えた切子は過去に貴族探偵との推理対決に敗れ、その後謎の死を迎えた…というミステリアスな人物。

田中(中山美穂)
控えめな性格で整理整頓が大好き、紅茶をいれさせたら右に出る者はいないと貴族は賞賛する田中。

山本(松重豊)
常に慇懃かつ冷静沈着で、貴族の手足となる執事の山本

木南晴夏は主演の相葉雅紀が演じる探偵を趣味としている謎に包まれた貴族にときめく社長令嬢・玉村依子役で出演する。

豪華なキャストが集まった今回で30周年を迎える月9枠で放送されるドラマ『貴族探偵』に注目が集まっている。