ドラゴンボールBlue-rayが自主回収!ジャケットと異なる内容で返金受付開始




世界的大ヒットとなった大人気アニメ「ドラゴンボール」の作品にジャケットと異なる内容となっていると話題となっている。

東映および東映ビデオ、東映アニメーションは1月25日に問題となっていることについて、

『2018年12月に発売した「DRAGON BALL THE MOVIES Blu-ray #06」について、ジャケットに事実と異なる情報を記載していた』

と発表し注目を集めている。

ドラゴンボールBlue-rayが自主回収

問題となっている「DRAGON BALL THE MOVIES Blu-ray #06」は、発売されるやいなや、SNSやネットでファンから思っていたのとちょっと違うと話題となっていた。

問題となっていたのは、Blue-rayに記録されていた数場面で、劇中でトランクス・ゴテンクスが中指を立てているシーン(3カ所)。

「この作品には、映像、台詞の一部に、現在では不適当と思われる表現もありますが、作品の歴史的価値を重視し、現存する原版のとおり収録してあります」

と、発売されたジャケットでは一部で問題視する声があがっていた。

問題の場面

「DRAGON BALL THE MOVIES Blu-ray #06」のジャケットでは、

『現在では不適当と思われる表現もありますが作品の歴史的価値を重視』

と書かれており、原作と同様に楽しめると思っていたファンが多くいた。しかし、Blu-rayではいずれも“グー”の形に修正されていた。

このことに疑問を持った購入者はSNSやネットで問題を指摘し注目が集まっていた。

返金対応となった

「この作品には、映像、台詞の一部に、現在では不適当と思われる表現もありますが、作品の歴史的価値を重視し、現存する原版のとおり収録してあります」

と、販売されたジャケットには記載されていたにもかかわらず、修正されていた「DRAGON BALL THE MOVIES Blu-ray #06」。

あまりにも反響が大きかったことから、購入者全員から返金を受け付けると発表された。

ジャケットと違う内容について

不適当と思われるが作品の歴史的価値を重視して原版のとおり収録しているとジャケットに記載していたことについて、

「皆様により楽しんでいただけるように、また、子どもへ与える影響にも配慮」

した結果、表現倫理上の理由から修正を行ったようだ。しかし、ジャケットの記載内容の確認がおろそかとなったという。

結果的にジャケットの記載が事実と異なってしまったと説明している。

返金について

今回の「DRAGON BALL THE MOVIES Blu-ray #06」修正問題について返金対応することが決定している東映は、

「返金の方法などは公式のお知らせを参照してください。」

とコメントを発表。併せて、

「ご購入いただきました皆様に、混乱を招いてしまいましたことをお詫び申し上げます」

と謝罪している。

ドラゴンボール返金対応 公式ホームページ