ドラフト2017は結局どうなった?注目の選手や獲得球団・結果は?最新情報

 

注目が集まる中、プロ野球のドラフト会議が26日に開かれた。争奪戦になるといわれていた高校通算最多とされる111本のホームランを打った早稲田実業の清宮幸太郎選手。

ドラフト会議が始まり予想通り7球団が1位指名することとなり、ドラフト抽選の結果は日本ハムが入団交渉権を獲得した。

ドラフト2017会議は26日の午後5時から都内ホテルで始まり12球団の代表者が将来有望な選手の指名を行った。

ドラフト2017注目の各球団1位指名選手

出典:日本野球機構(NPB)公式Twitter 画像

26日午後5時から都内ホテルで始まったドラフト2017会議。注目の集まった1位指名は、早稲田実業の清宮選手をロッテ・ヤクルト・日本ハム・巨人・楽天・阪神・ソフトバンクの7球団が指名。

抽選の結果、早稲田実業・清宮選手の交渉権を日本ハムが獲得。また、広陵高校の中村奨成選手は広島・中日が1位指名。広島が入団交渉権を獲得した。

JR東日本・田嶋大樹投手を西武・オリックスが1位指名。オリックスが入団交渉権を獲得。このほか1回目の1位指名では、DeNAが立命館大学・東克樹投手を単独で1位指名し入団交渉権を獲得。

2回目の1位指名で獲得した選手は

このあと、早稲田実業・清宮選手の交渉権や広陵高校の中村奨成選手、JR東日本・田嶋大樹投手に外れた球団の2回目の1位指名が行われ、ロッテ・阪神・ソフトバンクが履正社高校・安田尚憲選手を指名。ロッテが履正社高校・安田尚憲選手の入団交渉権を獲得。

また、ヤクルト・巨人・楽天が九州学院の村上宗隆選手を指名し、抽選の結果、ヤクルトが九州学院の村上宗隆選手の入団交渉権を獲得した。

中日はヤマハ・鈴木博志投手。西武は明治大・齊藤大将投手。阪神は仙台大学・馬場皐輔投手。巨人は中央大・鍬原拓也投手。楽天は岡山商科大学・近藤弘樹投手。ソフトバンクは鶴岡東高校・吉住晴斗投手を1位指名し入団交渉権を獲得した。

ドラフト2位指名選手は?

ドラフト2017会議で2位指名を受けた選手は、パ・リーグ西武 埼玉花咲徳栄高校・西川愛也選手、楽天 慶応大・岩見雅紀選手、オリックス日立製作所・鈴木康平投手、ソフトバンク専修大・高橋礼投手、日本ハムNTT東日本・西村天裕投手、ロッテ トヨタ自動車・藤岡裕大選手。

セ・リーグDeNA日本生命・神里和毅選手、巨人 大阪ガス・岸田行倫選手、中日 栃木青藍泰斗高校・石川翔投手、広島 熊本工業・山口翔投手、阪神 亜細亜大・高橋遥人投手、ヤクルト三菱重工広島・大下佑馬投手となっている。