映画『マトリックス4』発表!主演はキアヌ完結したはずのあらすじ・舞台はどうなる?




全米、世界中で大人気映画を配信し続ける大手ワーナー・ブラザース(Warner Bros)が8月20日に大発表をし注目が集まっている。

世界が騒然となっている内容というのは完結されたと思われていた大人気SF映画「マトリックス(The Matrix)」の最新作が制作されるということだ。

この大人気SF映画シリーズの第4作目製作発表に世界中から注目が集まっている。

映画「マトリックス」

世界中で爆発的な大人気作品となったSF映画「マトリックス(The Matrix)」は、1999年に大手ワーナー・ブラザース(Warner Bros)が製作。

SF映画に香港映画のカンフーファイトの要素を含み、それ以降のシリーズも大人気となり世界中でマトリックスブームが起こった。

従来のCGにはないワイヤーアクションやバレットタイムなどのVFXを融合した斬新な映像表現は「映像革命」と言われ映画関係者からも注目が集まった。

主演はキアヌ・リーヴス(Keanu Reeves)でウォシャウスキー兄弟(アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー)が脚本・監督を担当。

マトリックス4の製作が発表される!

1999年のアカデミー賞では視覚効果賞、編集賞、音響賞、音響編集賞を受賞するなど数々の賞を獲得したSF映画「マトリックス」シリーズ。

今回、製作が発表されたシリーズ最新作の映画「マトリックス4」はシリーズに引き続き主役のネオはこれまで同様、キアヌ・リーヴスが演じる。


また、ラナ・ウォシャウスキーが脚本・監督・製作総指揮を担当。ラナは妹のリリーと共にシリーズ3部作の監督を務めていた。姉妹はウォシャウスキー兄弟として知られていたが、現在は両者ともに性別移行している。

あらすじ・舞台はどうなる?

シリーズ3までのあらすじ
大手ソフトウェア会社に勤めるプログラマーでコンピュータ犯罪を起こす天才ハッカーのネオ。「今生きているこの世界は、もしかしたら夢なのではないか」毎日を過ごしていた。

ある日、トリニティと名乗る謎の女性と出会いモーフィアスを紹介され「あなたが生きているこの世界は、コンピュータによって作られた仮想現実だ」と告げられ、このまま仮想現実で生きるか、現実の世界で目覚めるかの選択を迫られる。

仮想空間での身体の使い方や、拳法などの戦闘技術を習得したネオは人類をコンピュータの支配から解放する戦いに身を投じていく。


マトリックスはシリーズ3で完結したかと思われていたが、今回のマトリックス4製作発表であらすじ・舞台がどうなるのか注目が集まっている。

ワーナー・ブラザースからの正式発表

大人気SF映画シリーズの最新作「マトリックス4」の製作を発表したワーナー・ブラザース。

マトリックス4の主演はシリーズに引き続きキアヌ・リーブスで、女優キャリー=アン・モスも再びトリニティ役を演じるということだけが現在発表されている。

今回の新作がシリーズの3部作と直接つながる内容となるかについては明らかにしていないが、舞台は『マトリックス』の世界と説明している。

現段階では公開予定日も明らかになっておらず、世界中のファンは最新の発表を心待ちにしている。