浅川梨奈が主演映画でふんどし女子高生役!?どんな映画なの? 



人気アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」のメンバー浅川梨奈が、三家本礼氏の漫画が原作の映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」で主演を務めることが10日に発表され話題となっている。

映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」は、原作漫画の新章を描くリブート作になるという。

主演の浅川梨奈がセーラー服にげたを履きスカートの下はふんどしという主人公の女子高生・鋸村ギーコを演じる。

映画「14の夜」浅川梨奈がインパクト大!「来いよ! オラ、揉めよ!!」予告動画も発表

一体どんな映画なのかと注目が集まっている。映画は2019年公開予定。

浅川梨奈が主演映画でふんどしチェーンソー?

出典:映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」 公式サイト

浅川梨奈が主演を務めると話題の映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」は、マンガ誌「月刊コミックビーム」(KADOKAWA)で連載された三家本礼氏の漫画が原作となっている。

主人公の女子高生・鋸村ギーコがゾンビ化したクラスメートたちと自前のチェーンソーで戦う姿を描くというこの映画は、女優・内田理央が主演で2016年にも実写映画が公開された。

今回、浅川梨奈が主演で映画化される新章では、前作と同じく山口ヒロキ監督がメガホンを取るという。

血まみれスケバンチェーンソーとは?

「血まみれスケバン・チェーンソー」は、三家本礼氏による漫画作品。「コミックビーム」(エンターブレイン)で2009年11月号から2017年4月号まで連載。単行本は全13巻。

映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」で浅川梨奈が演じる主人公の鋸村ギーコは無頼の不良女子中学生。解体業で生計を立てている。

喫煙と飲酒が趣味で下着はさらしと六尺ふんどしを着用しており、裸足で下駄を履いているという女子高生とは思えない設定。

あらすじ

スケバン・鋸村ギーコは孤軍奮闘、襲い来るゾンビをチェーンソーで倒していた。倒したゾンビはかつてのクラスメイトたちの成れの果てであった。

夏休みが終わった始業式の日、クラスメイトの蒼井ネロは、自由研究と称して捕まえた猫を改造手術し「死んでいるのに動く猫」としてクラスで見せびらかしていた。しかしその猫は、クラスの人気者の女生徒・ゴッちんの行方不明になっていた愛猫だったのだ。

クラスメイトたちの激しい怒りと非難を浴びいじめを受け続けることになるが、それを恨んだネロは異常な報復計画へと突き進む。

映画主演にコメントを発表

喫煙と飲酒が趣味で下着はさらしと六尺ふんどしを着用しており、裸足で下駄を履いているという女子高生という役を演じる浅川梨奈は、映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」について、

「タイトルからして刺激的なことがこんなにも伝わる作品ってなかなかない(笑い)。前作があるということでプレッシャーはありましたが、内田理央さんとはまた違ったギーコを演じたいと思い、原作を読み込み、前作を見ずに撮影に挑み、クランクアップ後に拝見しました。」

と、前作では内山理名が演じている主人公の鋸村ギーコとは違った姿を演じたいと原作を読み込んだという。

「内田さんのギーコと浅川のギーコ。通ずる部分、違う部分、あるかと思いますが新たなキャストでお送りする血まみれスケバンチェーンソー。すさまじい展開で公開されるので楽しんでいただけたらうれしいです」

原作ファン・前作の映画ファンの方が見て通ずる部分や違う部分があるとは思うがすさまじい展開と新たなキャストで制作された映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」を楽しんでもらいたいと意気込みを語っている。

映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」 公式サイト

前作 映画「血まみれスケバンチェーンソー」予告動画