ベッキーついに結婚!夫となった彼氏の片岡治大とは?



タレント・ベッキー(34)が2月13日に自身のSNSアカウントであるツイッターとインスタグラムで結婚を発表し話題となっている。

ベッキーといえば、ゲスの極み乙女。ヴォーカルの川谷絵音との不倫をしていると報じられ、不倫・LINE問題などで芸能活動を休止。

地上波から姿を消すこととなった。そんなベッキーの幸せいっぱいの報告にファンも喜んでいるようだ。

ベッキーが結婚を報告

出典:ベッキー 公式ツイッター 画像

2019年2月13日、自身のツイッターとインスタグラムにてプロ野球・巨人の片岡治大(やすゆき)2軍コーチ(35)と結婚を報告したベッキー。

「私事ではありますが、先日、読売巨人軍内野守備走塁コーチの片岡治大さんと結婚いたしました」

「これからも、感謝の気持ちを忘れず、ゆっくりと、しっかりと歩んでいきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」

とファンに報告。おめでとうと祝福するコメントが相次いでいる。

2018年より真剣交際?

ベッキーと片岡治大は、週刊誌などで2018年6月に熱愛が報じられ、双方の所属事務所も交際を認め話題となっていた。

当時発表された報道によると、2018年に入ってからベッキーと片岡治大は知人の紹介で知り合ったという。

10年来のファンだったという彼から猛烈にアプローチ。同年の4月頃から交際に発展したという。

夫となった彼氏の片岡治大とは?

片岡治大(かたおかやすゆき)は1983年2月17日生まれ千葉県千葉市花見川区出身の元プロ野球選手(内野手)。

現在は読売巨人軍の内野守備走塁コーチを努めている。小学校時代は4番打者兼投手として活躍。

中学時代は2年からレギュラーで活躍。3年時には1番、三塁手で主将としてチームを全国大会に導くが、怪我に苦しんだ時期が長かった。

高校3年時に3番・遊撃手として自らのサヨナラヒットで夏の甲子園へ出場するが、甲子園では2回戦敗退。

宇都宮学園高等学校を卒業後、社会人チームの東京ガスで活躍し、西武ライオンズに入団(2005 – 2013)。その後読売ジャイアンツ (2014 – 2017)へ移籍し、現在はコーチとして活躍中。

片岡治大のコメント

ベッキーと結婚したことが発表された2月13日、読売巨人軍内野守備走塁コーチとして活躍中の片岡治大もコメントを発表。

「二人で、ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきたいと思います。これからも、野球の指導者として、日々勉強し、いい選手を育てたいと思います」

と、ベッキーとともにしっかりと歩んでいき、野球の指導者としていい選手を育てたいと結婚を期に、気持ちを新たに日々勉強したいと綴っている。

ベッキー・片岡治大夫婦のますますの活躍に注目したい。